« 土合駅と谷川岳西黒尾根 | Main | (後段に症例集追加)野生のエルザ症候群 »

April 28, 2006

モミソ沢で沢始め

4月23日(日)に丹沢のモミソ沢で行われた2006年度沢始めの会に行ってきました。
,
小田急新宿発 6:51急行小田原行きに乗って渋沢着 8:06、改札を出たら、一本前の電車で来たHoさん、Siさん、TaさんとY講師、それに車で来たM講師とNaさんがひとかたまりになって待っていました。私とYoさんMaさんとInさんが加わって総勢十人となりました。
,
二台のマイカーに分乗して渋沢駅を出発しました。秦野駅行(菩提循環)バスの経路に沿って進み、水無川にかかる橋を渡って左折、戸川林道に入り、右に神奈川県登山指導センター、左に滝沢園キャンプ場と見送って、砂利道になってそれを20分ほど行って林道終点の戸沢出合に着きました。そこに車を置いて、沢登りシューズを履きハーネスも着けてしまいました(ヘルメットは手に持ってました)。戸川林道を200メートルほどもどり、新茅の沢の看板のある所から、水無川の左岸に下りました。下降路にはしっかりした踏み後がついています。水無川の右岸に飛び石づたいに渉ると。高さ20メートル、幅30メートルの岩場が立ちはだかりました(モミソ懸垂岩です)。懸垂岩を数人のクライマーが登っていました。
,
M講師は予定していた懸垂岩に登りながらのロープワークの確認をやめて、懸垂岩下の広場で簡単にそれを済ませることにすると皆に伝えました。そして、短い8ミリ40メートルのロープを取り出して、滝を登り終えたリーダーが後続のメンバーに滝を登らせる二通りの方法について実際にロープ操作をしながら説明しました。二通りの方法に共通しているのはロープ操作の手順が少なくてより早い時間でそれを終える工夫が随所にある所でした。この時確認したロープ操作のくわしい内容はTimtamのホームページを見て下さい(トップページ→その他のコンテンツ→岩登りの注意→沢登りで多用するエイト環グリップビレー)。
,
女子チーム(Maさん、Yoさん、Naさん)にM講師がついて先に出発、残りの男子チームにY講師がついて後続しました。人数の多い男子チームは女子チームになかなか追いつけないので、大滝で大休止して合流するという打ち合わせでした。
,
モミソ懸垂岩の左の端がモミソ沢の入り口になっていました。新緑のトンネルの下を小さな流れが続いています。モミソ沢は入渓から源頭の詰めまでほとんど水に入らないで遡行が出来る沢だそうです。Ⅳ級くらいの難しさのある小さな滝が次々と出てきて楽しめました。それらの滝の要所要所にハンガーボルトが打たれています。たぶん神奈川県登山指導センターが沢登り講習用に整備したのだと思います。
,
三時間ほどキャピキャピとはしゃぎながら遡行して、大滝の下に到着しました。若いMaさんが大滝をリードします。M講師がA0(エーゼロ:支点にカラビナをかけてそれをつかんで登ること)しなかったらビールをおごるとか言ってます。それで、Maさんは快調に滝を登り出しました。たくさんのハンガーボルトでがっちりとルート作りがされていますから安心です。アットいう間に滝の落ち口の核心部の所に行ってしまいました。そこはホールドが縦方向で外傾しています。ホールドが効く方向に体を傾けなくてはなりませんし、少し腕力も必要です。Maさんは迷わずA0を使って滝を登り切りました。若者はビールにこだわるようなマネはしないのです。Maさんのビレーで他のメンバーもどんどん滝の上に上がり、M講師だけ高巻いて女子チームは遡行終了となりました。
,
後続の男子チームもすぐにやって来て。大滝をHoさんがリード,腕力腕力などと言いながらで滝の落ち口をA0しないで楽々と越えて来ました。Y講師は高巻きで大滝を越えていました。待ち時間が長くならないように配慮しているのです。
,
大滝の上で大休止した後、モミソ沢を最後まで詰めて塔ノ岳の山頂まで行くY講師とInさんの二人組と別れ、我々八名男女合同隊はモミソ沢を下降して帰ります。二隊が合同してそろった三本のロープ(グレー8mm45mと赤8mm50mと青8mm30m)を使いMaさんが一本目のロープで懸垂のセットしてメンバー全員で懸垂している間にその先の懸垂ポイントにHoさんが次のロープで懸垂のセットをします。メンバーが二本目のロープの懸垂に移るころにYoさんが一本目のロープを回収して、二本目のロープの先の懸垂ポイントに転送します。そういうことを次々に行いどんどん下って行きました。一ヶ所50メートルロープでは足りない所があり、M講師の出番となりました。彼はエイトノットで二本のロープをつないで懸垂をセットしました。僕としては、末端を1メートルも出したエイトノットで繋ぐわけなどが理解出来て何か得した気分でした。懸垂下降についてはTimtamのホームページを見て下さい(トップページ→その他のコンテンツ→岩登りの注意→懸垂下降について)。
,
二時間ほどの下降で、入渓点(モミソ懸垂岩)に戻りました。そのころに雨が降り出しました。予報は雨だったんですが、行動中はずっと曇りの天気が続きラッキーでした。それにしても最近の天気予報は当たらないことが多いですね。
,
戸沢出会いにもどり、マイカーに再び分乗、渋沢駅近くの『湯香楽』という日帰り入浴施設に寄ってから小田急線内の人となりました。(J記)

|

« 土合駅と谷川岳西黒尾根 | Main | (後段に症例集追加)野生のエルザ症候群 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 土合駅と谷川岳西黒尾根 | Main | (後段に症例集追加)野生のエルザ症候群 »