« May 2010 | Main | July 2010 »

June 20, 2010

栃木 深高山( 508 m) 粟谷町から

栃木の深高山へ行ってきました。
両毛線小俣駅からホタルの里が一般的ですが、粟谷町から林道&植林尾根経由で登ってきました。

①粟谷山神社のスギを観て林道を上がります
20100604_024
,
②植林の中ふみ跡をたどってホタルの里~猪子峠の道に合流、途中の視界が利く場所からは仙人ケ岳・鳴神山・皇海山・男体山が見えます
20100604_026
,
③深高山 頂上
 冬枯れ時期は行道山や、はるか筑波山が望めます
20100604_027
,
④小さな祠とベンチもあり、静かでいい場所です
20100604_028
,
⑤雑木林の奥にうす茶色のホンドテンが居ました。
20100604_029  

| | Comments (0)

梅雨入り前の小金沢連嶺縦走

2010年6月12日と13日の2日間を使って、初狩駅から歩き出して、滝子山→大谷ヶ丸→ハマイバ丸→大蔵高丸→湯ノ沢峠(避難小屋宿泊)→白谷丸→黒岳→川胡桃沢ノ頭→牛奥ノ雁ヶ腹摺山→小金沢山→石丸峠→上日川峠、と縦走してきました。

初日
最初、I講師より小金沢連嶺と聞いたときには、それってどこよ?という感じでしたが、昭文社5万分の一の「大菩薩嶺」を見ると、んん、なんと立派な背骨が地図を広げたど真ん中に、南北に長く展開されているではありませんか。うーん、行ってみたい。もう、気持ちは抑えられません。きっとたくさんの会員が参加するのだろうな、ナイトハイクも入っているし、ビバークだし、キット、キット楽しいに違いないと期待に胸をふくらませておりました。当初の予定では、初狩駅を午後12時半過ぎに出発でした。
 しかし、山行の日が近づくとI講師からの連絡で、参加者は私一人(ウッソー!)であることを知りました。そして二人なので、宿泊地でゆっくりする計画に変更し、出発を少し早めようというのです。宿泊地でゆっくりという甘い言葉にすぐさま同意しました。
 12日(土)当日は、梅雨入りも近そうなのですが、しかしよく晴れて暑い中を午前9時半過ぎに初狩の駅を歩き出しました。国道20号を左折して、少し歩いて最初の信号を右折し、直進して高速の下をくぐり、部落を過ぎて山道に入っていきます。途中で散歩中のご高齢の婦人に出会い、軽く挨拶。ワラビとタケノコを持っていましたね。散歩がてらにちょっとした総菜の具の収集だそうです。熊が出るのでご注意をと言われ、慌てて鈴を出していざ出陣。暑い照り返しの中を少々歩くと沢沿いの山道を登ります。
 沢道を離れてしばし登ると檜平です。山ツツジが満開で、朱色の花が鮮やかな緑とコントラストをなして、楽しませてくれます。こういう自然の、光の芸術があるから、やはり山は止められません。暑い中、汗だくで歩いてもやはり気持が良いのです。男坂を選んで急登をこなすと滝子山です。ツインピークスらしくて、手前の三角点よりも奥にあるピークが、標識付きの山頂でした。山頂に近くなるとツツジ以外にも、ムラサキ色の花をつけた五葉ツツジが朱色のツツジに負けじと咲き誇っていました。こういう風景が疲れを癒してくれます。頂上からは鎮西ヶ池に降りて、さらに大谷ヶ丸に向かいます。静かな山歩きが続きます。ここからは下がったり、登ったりの繰り返しです。ですが、風景は味わいがありあます。大谷ヶ丸から下ると天下石と呼ばれる奇石に出会いました。ここからさらに北に進むとハマイバ丸です。今までの比較的大きな木々に囲まれた歩きから、草原のような景色に変化しました。景色が明るくなり、霧が出てきては居るのですが、視界が開けると開放的な気持ちになります。
 ハマイバ丸から大蔵高丸までは、草原のような趣の山容が続き、ロープで道が仕切られて、道以外の草原には入らないように注意書きがつけられていました。高山植物を保護しているようです。可憐な小さな花も咲き始めていましたが、これから梅雨になり、さらに花々の楽しめる季節になるのでしょうね。I講師とそういう時期にも尋ねたいですな〜と話し合いながら、先に進みました。このころには塩分もだいぶ使い果たし、講師から塩の錠剤をいただき、しばし元気も復活です。
 午後6時40分あたりに湯ノ沢峠の避難小屋に到着。小屋の後ろには大きな駐車場があって(あれれ)、興ざめでした。しかし、気持ちを取り直して小屋に入ると、なんとレディーばかりが6人ほど、すでに寝具などを床に敷いてご就寝の準備完了。一人が飛び起きて、お泊まりですか?と問うので、ハイ、と元気よく返事しました。すると床から出てきて、私たち用の場所を開けてくれて、寝具まで運んでくれました。その後は水場に行ったのですが、わからずに小屋に帰ると、親切にもレディーの一人がわざわざ水場まで案内してくれました(実は、水場所までは行っていたのですが、水の出口がわからなかったのです)。親切なレディーに感謝です。本当、もう少しお若ければ(失礼!)・・・。
 私たち二人は食事のために、小屋の後ろの駐車場で銀マットを敷いて、食事をしました。持参した豆腐で麻婆豆腐です。豪華でしょう?空には満天の星です。明日は崩れ気味との天気予報ですが、今は素晴らしい晴れの夜です。I講師とこのまま星空の下で寝たら気持ちいいね、ここで寝てしまおうかなどと話しながらお酒も進みました。テントまで持参して、なかなかの強行軍で、相当の疲労でした。9時前には小屋に戻って、爆睡。

2日目
 翌朝はレディーたちの朝支度で目が覚めましたが、床の中で寝たふり。6時前に起床して朝食です。トマトとキューイがデザートという豪華版。食事を済ませ、水を汲んでいざ出発。まだ夜露に濡れたままの笹に覆われた登山道を登っていく。霧が出てきて、なにやら幻想的な風景が展開される。白谷丸頂上に近づくとまたムラサキの五葉ツツジ(?)があちらこちらに群生していました。白谷丸の山容が見えてくると、これまたきれいな庭園のような景色が開けます。なんという演出。しかし、この山を下って川胡桃沢ノ頭に向かう道には全く異なる風景が待っていまいした。こちらは広葉樹の樹林帯、そしてその後は針葉樹というように、変化しました。そして、樹木には鹿の食べた後でしょうか、樹皮が無くなって痛々しい、木々が数多く立っていました。鹿を責める前に、まず私たち人間を責めなくては・・などと柄にもない想念にとらわれながら、歩みました。
 川胡桃ノ頭は開けた山頂でした。この頂に着く頃になると天気も回復し、晴れ間も現れたのですが、すぐ曇るようになりました。左下には大菩薩湖も見えています。牛奥ノ雁ヶ腹摺山を過ぎて、小金沢山に向かうところには笹原が展開していました。笹藪の景色が続くようになるともう石丸峠も近くなります。
 峠からはそのまま西に上日川峠を目指しました。2時半のバスで甲斐大和の駅に出たかったためです。峠から大菩薩湖を見やると、西の湖畔に沢山湿気を含んだ雲がわき上がっているように見えます。典型的な梅雨の雲ですね。笹の道を下りながら、長かったけれど楽しんだ、沢山の景色を反芻しながら2日間の旅程を終えました。バスの時間までだいぶあったのでロッジ長兵衛で生ビールとワインをいただきました。
 今回は南から北へ向かうコースで、行き交う人々も疎らな、静かな尾根歩きとなりました。秀麗富岳12景の山が多いのですが、天候のために富士山は一度もその姿を現してくれませんでした。そういう山行もまた楽し。I講師の計画した、相変わらずのタフな(そして中身の沢山詰まった)山行に乾杯です。    
記:I島

写真1 桧平のツツジ
P61200952_3

写真2 ハマイバ丸に向かう途中の山
P61201292_2

写真3 大蔵高丸から湯ノ沢に向かう間の風景
P61201622_2

写真4 白谷丸に向かう途中に咲く、紫色の五葉つつじ(?)
Cahnzug02_2

写真5 牛奥ノ雁ヶ腹摺山に向かうところの笹原
Caa6876o2_2

写真6 石丸峠手前で来た道を振り返ると小金沢山方面に雲がかかる
Cay39jah2_2

| | Comments (0)

June 18, 2010

昔登れた岩場 / 今は閉鎖中②

近隣なのですが、もう登れないようです。(かげろう)
①ホタルブクロが一杯 咲いてました
200906121kanasanayama_001
,
②岩場が出てきました
200906121kanasanayama_016
,
③ハーケンも残ってます
200906121kanasanayama_019
,
④リングボルトもありました
200906121kanasanayama_020
,
⑤足許にはフェースが ひろがってます。
200906121kanasanayama_023

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 14, 2010

静岡 富士山( 3776 m) 2009 年 9 月

2009年9月に再度富士山に出かけた際の写真です。前夜に富士宮市内の健康ランドで仮眠し3時前に5合目から登山を開始しました。(かげろう)
,
①富士宮口 7合目付近 この日も天気が良く 気持ちいい1日でした 9月に入ると小屋も一部 閉鎖になってました。
20090903_007
,
②9合目から トラロープ越しに 5合目駐車場を お盆中は交通規制になり5合目 迄シャトルバス運行。
20090903_021
,
③9合5勺の小屋から 頂上を望む ここが最後の 難所です。
20090903_027
,
④剣が峰手前 測候所はレーダードーム等撤去 建物も片付けるようですが・・
20090903_035
,
⑤最後の急登です 左側おくが富士宮神社方面
20090903_037

| | Comments (0)

June 10, 2010

埼玉 武甲山  1295.4 m  2009 年 7 月

暑い時期に長く歩く 熱中症対策訓練も兼ねて(風とおしのよいメッシュの肌着/日よけ帽/ダブダブの衣服 いろいろ工夫するのもいいかも知れません)サプリや塩分も必要と思われます。
,
武甲山 信仰の山として昔から有名 近年では石灰岩採取で標高も1336mから下がってます。横瀬駅からですと1000m 表参道登山口から700m位高度差あります。
,
横瀬駅から生川(うぶかわ)-表参道-大持山-妻坂峠と1周コースで ジリジリする中 やはりスピードをあげてしまい 表参道登山口から 正味3時間で走破 かなりバテバテで下山後サプリをがぶのみしてました。(かげろう)
①横瀬駅から生川 石灰岩採取の事業所周辺から 武甲山
20090725_013
,
②表参道1-45丁目をたどって頂上直下へ 登山道は日陰で歩きやすく 大きいカエルに会いました。
20090725_005
,
③大持山 1294.1m 日なたで暑く 虫も多い メントールスプレーや白い上着が有効かも?
20090725_007
,
④稜線は早歩きで 妻坂峠894mへ 生態系調査の方にあう シカや熊が飯能あたり まで下りている等バランスが崩れていると言われてました。
20090725_010
,
⑤装備はいつも この程度は携帯するようにしております。
20090725_009

| | Comments (0)

June 09, 2010

谷川岳( 1964 m) 田尻尾根  2009 年 6 月

富士山の標高差は5合目からおおよそ1400m、谷川も下から登ると1200m位ありますので、目安としてトレーニングになると思います。
,

田尻尾根からトマの耳-オキの耳-西黒尾根を下りました。(かげろう)

①田尻尾根 取り付き
 ロープウェイの下を歩いていきます。
 
尾根は結構急で木の根も諸所でております。
20090810_001
,
②途中から 白毛門や朝日方面を
20090810_002
,
③頂上直下より肩の小屋
 牧歌的でのどかな雰囲気です。
20090810_006
,
④万太郎-平標方面
 ずーーっと歩いて行きたくなる山々です。
20090810_008
,
⑤オキの耳から一の倉岳方面を
20090810_010

| | Comments (0)

June 08, 2010

静岡 富士山( 3776 m)表口  2009 年夏

2009年8月末、平日に表口2400m(富士宮口)より登った記録です。(かげろう)
,
4時過ぎ5合目駐車場着 すでにほぼ満車状態 剣が峰まで2時間半(当初は2時間目標でしたが、トレーニング不足・大昔は標高差1000mを1時間少々が目安でした)。
,
高所なので高山病リスクあり、いきなりの速攻は危険と思います。お鉢はほぼ早足・30分で廻りました。
①表口から登りはじめて ご来光に 風が冷たいですが好天でいい日でした。トイレは5合と頂上にチップ制あり、小屋も有料で利用可とは思います。ストック2本&3シーズン登山靴&明るいヘッドランプが有効でした。
20090810_116
,
②ジグザグの登山道を黙々と登ります。この日はテルモス0.5Lと水2.0L ジュース等 水分を多く携行 おにぎりとぶどう糖ブロックが効き目ありました。
20090810_117
,
③表口登山道終了の鳥居さきから 最高点 剣が峰を望む。すでにレーダードームは撤去 最後の登りが急です。お鉢は右回りで・・
20090810_123
,
④剣が峰 ピーク3776m 朝7時くらいですが既にかなりの 登山者が・・ 記念撮影待ちもありました。
20090810_127
,
⑤下山して 5合駐車場より頂上方面 標高2400m、慣れないとここから 高所滞在のストレスが始まります。
20090810_134

| | Comments (3)

June 06, 2010

栃木 石尊山( 488 m)

JR足利or東武足利市駅から生活路線バス小俣行き石尊下で下車,、もしくはJR両毛線小俣駅よりタクシー。
,
信仰の山・石尊山の梵天上げは民俗文化財に指定された行事 毎年8月に行われるようです。(かげろう)
,
①登山口 叶花橋そば不動入り口
 お地蔵さんにお花とお線香が
20100601_034
,
②登山道13丁目の女止の石碑
 「是より女人禁制」
20100601_040
,
③登山道 尾根にでてから釈迦岩に出会います。
20100601_044
,
④太田 金山方面を望む
20100601_050
,
⑤石尊山 頂上
 今回、花は殆ど観られず、テンと熊には遭遇しました。
20100601_049


| | Comments (0)

グラナイトギア / メリディアンベイパー( 52L )に小物をつけると

ヴァーテックス社の品物を扱っています。(Timtam事務局)
,
①パック1.3kgにショルダーストラップポケット1個+ベルトポケット2個を装着して1.52kg
20100605_021
,
②本体のリッド(雨フタ)を外すと1.3kgに
20100605_022
,
③ショルダーポケットには携帯電話やコンパスが収納できます。
 ベルトポケットには防水ケース入りの小型デジタルカメラも入りました。
20100605_023
,
④カロリーメイトは箱からだせば収納できます。
20100605_024

| | Comments (0)

上州 大屋山( 1081 m)

上州の静かな山、大屋山へ行きました。西には西上州のドロミテ立岩があります。(かげろう)
,
①無人の家屋が目立つ蓼沼の集落から鉄塔へ登ります。黒滝山周辺の岩峰を、
20100531_016
,
②登山者も少なく道標もなく、落ち葉で隠れた登山道。
20100531_017
,
③ヤマツツジに会いました。今年は開花が遅い。シカが2頭仲良く走っているのに遭遇。
20100531_018
,
④頂上直下のヤセ尾根。
20100531_019
,
⑤いきなり頂上です。新緑では展望もわずかですがいい山でした。
20100531_020

| | Comments (0)

上州 月形山(富士浅間山) 899 m

上州 南牧村 下底瀬から登ります。途中仕事道等と交差したり消えたり非常にわかりにくい道でした。熊も里近くまで活動しているようです。(かげろう)
,
①アプローチ 九十九谷から分かれますが、今回は熊に遭遇。谷は複雑で判断が大変。
20100531_009
,
②やっと焼山峠へ、旧街道・底瀬から塩沢へ抜けます。
20100531_007
,
③富士浅間山頂上、しずかでいい山です。
20100531_005
,
④NHKのアンテナ増幅器、今は稼動していないようです。ここから見晴らしのよい岩場へ。
20100531_004
,
⑤大岩・碧岩・ククリ岩・双子岩、方面を望む。
20100531_003

| | Comments (0)

June 05, 2010

昔登った岩場 / 今は閉鎖中です。

ある場所の岩場、もうここへは入れないようです。(かげろう)
,
①こんな感じで5.9のハンガーフェースがあります。
20100601_019
,
②大昔のリングボルトも
20100601_020 
,
③側壁ルートも
20100601_021
,
④奥壁も存在します。
20100601_023
,
⑤今はロープもこんなに 苔むして
20100601_026_2

| | Comments (0)

June 04, 2010

東秩父 官ノ倉山 / 派生尾根探索

秩父七峰縦走の始まり「官ノ倉山派生尾根」を散策してきました。(かげろう)
,
①尾根の出だし 地図部分
20100526_020
,
②こんな感じです。 下部はやや複雑!
20100526_019
,
③主尾根近くまで来ました。
20100526_025
,
④こんな感じで合流、踏み跡はあります。
20100526_027
,
⑤官ノ倉山 ピークへ
20100526_034

| | Comments (0)

June 02, 2010

上州 岩峰 / 鍬柄岳 598 m(くわがらだけ)

上信電鉄・千平駅の東の踏み切りを渡り2kmほど行くと登山口、地元では石尊山とも呼んでます。
登山口から1時間半程度で往復できますが、鎖場は傾斜もあり、高さ100m程の岩峰にびっしりセットされてます。(かげろう)
,
①登山口より見上げる 鍬柄岳
20100531_0232
,
,
②100mの岩峰に延々と続く鎖
20100531_0272
,
,
③鍬柄岳頂上 598m
20100531_0302
,
,
④頂上より 左から月形山・四ツ又山
  鹿岳・黒滝山・荒船山(頂上が平らに続いてます)
20100531_0312
,
,
⑤ドウダンツツジが咲いてました
20100531_0322

| | Comments (0)

« May 2010 | Main | July 2010 »