« February 2011 | Main | April 2011 »

March 10, 2011

山岳ファーストエイド講習報告(どくとる・てぃっぷる)

3月5・6日、以前掲示板でご案内した(こちら ←記事に飛んだら、戻るボタンで戻ってください)、白馬での山岳ファーストエイド講習会にお手伝い参加してきました。
受講者は医療従事者に限らず、一般の人向けで募集をしたのですが、なかなか濃いメンバーでした。
海外のファーストエイド講習受講済の人、労山の救助隊員、大学ワンゲル部の監督、等々。
Timtamからも、やまめんさんとAyさんが参加してくれました。

初日のテーマが、低体温症。二日目が雪崩埋没者の救助。
午前中は、各テーマの講義と、室内で基本的なバイタルサイン(呼吸・脈拍)のチェックの仕方や救急蘇生法の復習、シナリオトレーニングの内容についてのワークショップなど。午後からは、雪上でのシナリオトレーニング(シミュレーション実習)

講義の内容は、海外からの最新情報も取り入れ、一般の人でも、知っていれば「現場での救命率を上げる」ことが出来る内容になっていました。
「よいどれ講座」より、ずっとアカデミックです (^^;)

シナリオトレーニングは、午前中の講義で聴いたことをベースにしているのですが、いざ、雪上で実践しようとするとなかなかどうして・・・
でも、繰り返すことでチームの連携がとれて、動きもスムーズになっていきました。

今回は、冬山の特殊環境下を対象とした講習でしたが、今後夏に向けて、より基本的な「傷病者の見極めと評価法」や「脱水・熱中症・重症な怪我」などを対象にした、実践的シナリオトレーニング講習も計画されます。
ときどき、下記のホームページをチェックして下さいね。 (この掲示板でも案内します)

山岳医療情報HP:http://www.sangakui.jp/
白馬講習会報告:http://www.sangakui.jp/firstaid/post.html

T1s2 
胸骨圧迫による心臓マッサージと、マウストゥーマウスの人工呼吸を復習


その後は、屋外でのシナリオトレーニング
シナリオ設定は、「同行している仲間が目の前で雪崩にのまれた」り、「小屋で休んでいたら、雪崩事故発生を目撃して救助に向かう」など様々

T2_2
ビーコンとプローブで位置を特定したら、V字フォーメーションでひたすら掘ります

T3
T4_2
身体の一部(手袋)が見え始めた

T5_2   
顔が見えたら、エアポケットの有無を確認

T6_3
「見て・聞いて・感じて」 気道と呼吸のチェック

T7s1
雪上での心肺蘇生。あれば、AEDも使う

|

March 09, 2011

朝日岳東南稜(かげろう&こばこば)

1 ルート概要
062ruto

2 ラッセル
052

3 ギャップの登攀
027

4 懸垂下降
024kennsui 

5 いい日でした
065

峰の茶屋までは那須ロープウェイから同じコースです

来年の冬か春に
1 スノーシューで茶臼登頂
2 東南稜から朝日
3 その他三本槍踏破
等 同じベースでいろいろなことができそうです。ベースは峠の茶屋で幕営とかで1泊2日も可能・・(大丸駐車場から1時間くらい)

今回のコースタイム
6時駐車場 ラッセル少しありまして
朝日 頂上 10時
峰の茶屋  11時
駐車場    12時過ぎに下山できました

| | Comments (0)

March 01, 2011

ヘッドランプ用充電式バッテリー(かげろう)

最近発売になったUSB充電のリチウムバッテリーパックを紹介します。
単4x3本に置き換えでき重量も軽くなりますがヘッドランプは機種限定です。
PCに接続、専用ドライバーで光量と点灯時間とかカスタマイズできるようです。

006

| | Comments (0)

タカマタギ山雪洞泊(いまいま)

無事にタカマタギ登頂できました。
雪洞作り大変でしたが、
勉強になりました。

2011022709550000

2011022709140001

| | Comments (1)

« February 2011 | Main | April 2011 »