« 阿弥陀岳南稜(I島) | Main | 東南アジアクライミング(かげろう) »

November 20, 2011

那須岳・風の通り道を行く(Juji)

Dscn4604
11月17日に那須岳(茶臼岳)に登ってきました。前日は冬型の気圧配置で雪が降りました。当日もやや冬型で風が強かったです。ロープウェイ山裾駅のスピーカーが「瞬間最大風速40メートル、常時30メートルの風、ロープウェイは運休」と放送していました。

Dscn4611
峰の茶屋付近は。いきなりバビューッ!と風が強まり、倒されそうになります。片手にピッケル、片手はそこいらの岩を持ち、耐風姿勢(身をかがめたスキーの滑降選手が滑っていいる時に似た姿勢)を保ちながら、一歩一歩進みました。風の中を歩いてる体の動きは岩登りしてる時のそれに似ていると感じました。「岩登りトレーニング=山登りのトレーニング」と言っていた先輩の言葉を思い出しました。アイゼンを履くほどに雪がなかったのは幸いでした。なぜなら、突風に巻かれて捻挫したりする可能性が回避できたからです。峰の茶屋跡避難小屋に入り一息つけました。「たぶん日本一の風の通り道」に避難小屋を作った先人は偉いです。助かりました。

Dscn4605
茶臼岳の頂上に到達、お鉢を回って往路をもどりました。行程のほとんどは強風の中の歩きでした。気温はそれほど低くなかったので、「風を楽しめた」みたいです...ホントニタノシンダノカナ???。

|

« 阿弥陀岳南稜(I島) | Main | 東南アジアクライミング(かげろう) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 阿弥陀岳南稜(I島) | Main | 東南アジアクライミング(かげろう) »