« 裏妙義の写真2011.12/4(Wadawada) | Main | アイスクライミング用具の工夫(かげろう) »

December 12, 2011

八ヶ岳 日帰りで岩と氷(かげろう)

早朝 埼玉発 美濃戸の林道 やや凍結 赤岳鉱泉までは前日の雪で 歩きやすく順調なアプローチでした
002

8時鉱泉着 裏同心沢へ 大同心沢を横切って 次の沢に なります

F1下まではつぼ足で遡行 F1で登攀準備 パートナーに 確認しお互いソロで行けるところ までということで開始 氷はいい感じに凍結してました 先行は2パーティほど F5の先 やや傾斜がきついところで ロープを出す
004

006

10時前には大同心の基部に到着 稜を目指してトラバース
007

30分ほどで大同心稜へ 雪がついて真っ白の小同心クラックを 目指します 11時過ぎに取りつき 11時半登攀開始 20m毎にハンガー支点が整備 風も強いので 声が通る 見える位置ということで 細かくピッチを切りました (取りつきで氷点下20度)

1-2ピッチは正面のフェースから チムニーを抜け 雪を落としながら 傾斜のあるフェースを左にでて テラスのピナクルへ 3-4ピッチは支点の少ないチムニーを 抜けレッジへ左側の垂壁クラックラインを 選びバンド・草付から小同心の頭で ビレイ

やさしい岩稜を歩き 横岳直下の 岩場へ 1か所リングハーケンがあるところが 雪がべったりで凄く難しい さらに岩を ガリガリさせて右から抜けると頂上直下 丸い岩にロープをぐるぐる巻きにして 半マストビレーで確保 セカンドを むかいいれて終了

010

午後は天候が荒れ気味で ホワイトアウトと強風 防寒着と手袋を確認し14時 横岳発

硫黄岳からの下降点に注意して 赤岩の頭へ ここで登攀具とクランポン 防寒着を外して 駆け足で 鉱泉へ 

暗くなる前に下山したいので 鉱泉からも早足で 美濃戸着17時

|

« 裏妙義の写真2011.12/4(Wadawada) | Main | アイスクライミング用具の工夫(かげろう) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 裏妙義の写真2011.12/4(Wadawada) | Main | アイスクライミング用具の工夫(かげろう) »