« アイスクライミング用具の工夫その2(かげろう) | Main | 行動食について(かげろう) »

January 01, 2012

阿弥陀岳北西稜上部核心ピッチ(かげろう)

1 尾根にあがって 上部を望む 中央右より岩峰が 最後の核心部
010

2 核心部は 右のチムニー(難しい) 真名のカンテ(難しい) 左のフェースから凹角(登りやすい) と私の知る範囲では 3通りほどルートあり
今回の画像は左のフェースからです 雪と岩のミックスを 登り、ハンガー完備のビレー点へ (20m毎に完備?声が通る 姿が見えるので登りやすい)
また風が入りにくいので 他に比べ暖かい(今回たまたまか)
014

3 凹角手前は雪のミックスを右上 します 出だしがちょっと悪い ハーケンが続けて2本打ってあります
012_2

4 核心?凹角 見た目ほど傾斜は ないのですがハンドホールド乏しく A0もしくはA1になってしまいます アブミ2台残置すればセカンドそのまま フォロー可能と 思います(画像の状態では・・)
024

5 抜け口を過ぎると、やや上に ハンガー2本でビレーポイント そこから雪壁 2ピッチで御小屋尾根稜線、摩利支天を 経て阿弥陀頂上へ
033

|

« アイスクライミング用具の工夫その2(かげろう) | Main | 行動食について(かげろう) »

Comments

阿弥陀の北陵から見ると、北西稜はホントにかっこいいんですよね。写真ありがとうございました。

Posted by: Miw | January 03, 2012 at 09:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« アイスクライミング用具の工夫その2(かげろう) | Main | 行動食について(かげろう) »