« 松本分校便り① 中の湯温泉泊(ぶんこうちょう) | Main | 八ヶ岳・日の岳稜(かげろう) »

April 13, 2012

松本分校便り② 焼岳南峰登頂(ぶんこうちょう)

松本分校便り② 焼岳南峰登頂

焼岳の一般登山道は北峰に付いています。
標高が高く三角点がある南峰は、岩が不安定で落石の危険が大きく登山禁止。
雪がしっかりと着いている冬の時期だけ主峰南峰に登れるのです。

日曜日は朝から雲ひとつない快晴でした。
女性陣は、早朝から露天風呂で穂高の眺めを楽しんできたようです。

朝7時に朝食。本当は早立ちをしたかったのですが、豪華な朝食をしっかり食べたために、8時出発になりました。

最初からワカンを履いてのスタート。
宿のすぐ裏手から急斜面を直登し、2カーブ上の国道に出たところで新中の湯ルートに入ります。急登と緩斜面を繰り返しながらりんどう平へ。 途中まで薄いトレースがありましたが、標高が上がるにつれて、新雪で埋まりトレースがなくなってきました。

前半戦は、女性隊4人が果敢にラッセル。男性陣が遅れをとりました。

7isii

7setugenn

7torabasu
 

りんどう平から、西側の南峰に伸びる尾根に取付きました。
最初は先行するスキーのトレースに従いジグザグを切っていましたが、枝尾根が近づいたところで直登に変えました。

高度が上がるに従い、周囲の白い峰々が一望の下に。
相変わらず、雲ひとつない空。
ノントレースの雪稜歩きは気持ちがいいのですが、急斜面での膝までのラッセルはかなりきつい。
30cmくらいの新雪の下がクラストしていて、ワカンが効かなくなり、途中でアイゼンに切り替えました。
急斜面での履き替えは、バケツを掘って、ピッケルでアンカーをとって慎重に。

7rasser


南峰に続く主稜線に乗ってからは、雪は飛ばされていて、アイゼンがよく効き快適。
360度の絶景を楽しみながら、ゆるりゆるりと頂上に向かいました。

7tyoutyokka

7tyoutemaesetugenn

7toutyou


頂上直下では、真っ白な雷鳥のお出迎え。

12人の大所帯でしたが、全員が登頂。

7tyoubou


本当にすばらしい山行でした。
天候に恵まれて景色も良かったですが、刻々と変わる雪質など、いろいろなことが勉強になりました。

秋の焼岳の写真はこちら(https://picasaweb.google.com/100321737417658105846/200902

|

« 松本分校便り① 中の湯温泉泊(ぶんこうちょう) | Main | 八ヶ岳・日の岳稜(かげろう) »

Comments

分校長! おいしいお酒、おつまみ。 そして何と言っても、この企画。 ありがとうございました。 素晴らしい経験、最高の景色。 今度は秋の季節に紅葉と青空に出会いたいですね。 山を四季を通じて楽しめるようになったのが、嬉しいです。 ありがとうございました。

Posted by: Rinpapa | April 13, 2012 at 10:34 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 松本分校便り① 中の湯温泉泊(ぶんこうちょう) | Main | 八ヶ岳・日の岳稜(かげろう) »