« 悪沢遡行(shoujohann) | Main | 川場谷の写真(K上) »

September 20, 2012

上州武尊山 川場谷(Y井)

上州武尊山 薄根川 川場谷
平成24年9月15日 ~平成24年9月16日
L:Y井(記)、他Timtam3名

 1990年代後半、山岳会の仲間であるTさん、Fさんと川場谷を遡行した。まだ、3人とも年齢が若くかなり岩登りが登れたのだが、なぜ、この癒し系の沢に行ったのか記憶が定かではない。覚えていることは、水にジャブジャブ入り釣り師とトラブルになりそうになったこと、1日で稜線に抜けテントで寝たこと、である。沢自体の印象はあまり残っていない。今回、Timtamで再び、川場谷を遡行することになったが、あまり感慨は無かった。

9月15日(土)
 杉並のいつものセブンイレブンで松浦車に朝4時に拾ってもらう。3連休の渋滞を避けるための早出だ。府中でSさんを拾って、中央道~外環道~関越道と快調に走る。沼田インターから川場村方面の道を行く。天気は秋晴れで快晴だ。秋としては暑い日が照りつける。高速道で合流したKさんの車と二台の車で川場谷へ。前武尊山からの下山口にある川場谷野営場の駐車場に車を一台デポし、入渓点のある桐の木キャンプ場へ向かう。林道横に車をとめ、キャンプ場すぐ上から9時に入渓した。気温は高いが水は冷たい。都会では残暑が厳しいが、山では着実に秋が来ているようだ。まずは、名勝「ウナギの寝床」、なるほどそういう地形である。所々きれいなナメを交えて、沢をゆっくりと歩く。川場谷はゆったりとなめらかな流れをしており心地よい遡行だ。やがて、もう一つの名勝「獅子の牢」といわれるゴルジュ帯に入る。威圧感がない箱庭的なゴルジュ帯だ。右手から川場剣ヶ峰沢が入るところから核心部だが、ここに午後2時半に到着。まだ、遡行はできたが、左手(右岸)の笹藪の中にサイト適地の平地があるので、整地と焚き火の準備にはいる。焚き火とタープを張ったサイト地とはやや距離があったが、流木が豊富で、盛大な焚き火を囲んで夕食、宴会となる。宴会の締めに出てきたSさんの焼き芋が美味しかった。なぜ、前回はこんなきれいな沢を駆け上って藪近くのテントで寝たのだろう。

9月16日(日)
 朝4時半起床、焚き火を再び起こし朝食となる。昨夜はやはり寒く、シュラフカバーでは足りず下着と雨具をつけて寝た。山はやはり秋だ。朝6時半出発。ここからが核心部。きれいなナメが次々と現れ、清らかな冷水をたたえた釜を持つ滝がアクセントをつける。8mの滝、ここが唯一ザイルを出すところだが、フリーで快適に登る。それにしても、なんという美渓だろう、特に、硫黄岩質にあるナメには青々とした水をたたえる釜がありなんとも神秘的だ。天気は晴れ、青い空と緑の上州武尊のコントラストが美しい。沢は、一筋の道のように緑の山に吸収されていく。沢はやがて、水が枯れてきて、立った岩場が多くなる。藪こぎを避けるため直進するものの、やがて沢は笹藪に吸収される。この笹藪は濃藪だが、秋の藪は、さらさらしている。前方遠目に縦走路が見え人が歩いている。約1時間弱の藪こぎだったが、このきれいな美渓の遡行に絶好のフィナーレを与えてくれる。11時半に稜線に到達。残念ながらガスってきたものの、こういう幽玄とした雰囲気の遡行終了もよい。4人で満足の握手。上州武尊頂上を約1時間かけてピストンし、前武尊経由で下山する。長い雨の降りとなったが午後4時に車がデポしてある駐車場に到着。入渓点の車を回収して、近くの温泉場へ向かう。温泉につかると、なんとも言えない、「じわっとした感じ」が体中に広がった。帰りの渋滞を抜け、杉並のセブンイレブンに午後10時過に帰着。家に帰ると、家族はもう布団の中にいた。

 出発2日前の夜中に腹痛に襲われ嘔吐し体調が今一つだった。遡行当日も胃がぎゅっと掴まれる痛さがあったが、沢にいる間に直ってしまった。自然による治癒力なのだろうか。
それにしても、美しく神秘的な沢だった。前回、何故、この沢の良さに気がつかなかったのだろう。年齢とともにわかることがあるのだろうか。次回、行く時には、また別の感慨が沸くのだろうか、楽しみに取っておきたい。

|

« 悪沢遡行(shoujohann) | Main | 川場谷の写真(K上) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 悪沢遡行(shoujohann) | Main | 川場谷の写真(K上) »