« September 2012 | Main | November 2012 »

October 29, 2012

来シーズンもよろしく(たけぞう)

Dscf0677
10月21日の笠科川は水が冷たかったですが、紅葉は最高で楽しめました。


先日、わらじ納めに西丹沢・世附川流域に行ってきました。

今シーズンは、K林さんとの平日山行で充実した沢歩きができ、来シーズンの下見もばっちりです。

小生のブログもご覧ください。http://d.hatena.ne.jp/takeuchi440/

11月7日の日光・滝めぐりも紅葉を期待したいです。

来シーズンは
2月、日光・雲竜渓谷の氷瀑ツアー(前夜初日帰り)

5月、西丹沢・沖ビリ沢下降から西沢遡行(日帰り)

7月、奥鬼怒・オロオソロシ沢遡行から根名草山(1泊2日)


等を企画しています。

こうご期待(たけぞう)。

| | Comments (0)

October 26, 2012

雪 だより (W田)

燕山荘のスタッフブログを読んでいたら24日に雪便りが載っていました。

「朝起きると窓をガタガタさせた強い風もおさまり、外は静か。
もしやと思い、外へ飛び出せば、マイナス8度の冷たい空気。
そして、日の出前、雪で白くなった山が浮かび上がって見えました。
感動の一言につきます。」

いよいよ冬山のシーズンですね。

11月の燕岳は
景色もアクセスもよく雪山入門や足慣らしには最高の山です。

また、
燕山荘もこの時期お客さんも減るので快適な山小屋を満喫できると思います。

松本分校とのコラボも楽しみです。

皆様の参加お待ちしてます(W田)。

| | Comments (0)

October 24, 2012

青年小屋(W田)

20日、21日と編笠山経由青年小屋泊で権現山に行ってきました。

青年小屋は旅行会社の団体や個人でかなり混んでました。(天場は10張くらいですいてました)

今週の土曜日は八雷神祭(ほうとう祭り)があって餅つき、夜はほうとう祭り、じゃんけん大会(いろいろ当たるようです)等あるようで各食卓には日本酒「わしが圀」が一升づつ配布(それがなくなると有料)だそうで、飲兵衛にはよだれが出そうな企画です。

遠い飲み屋のほうとう祭りに興味のある方は是非行ってみて下さい。この日は要予約で早いもの勝ち

| | Comments (0)

October 12, 2012

今年こそ、-初冬の北アルプスへ-(shoujohanne)

9月の下旬、燕岳に登ってきた。
本当は東沢から北燕岳を経由して登るつもりだったが、初日の朝に早立ちが出来ずに、仕方なく合戦尾根から上がった。「翌日に北燕を超えて東沢から下山すればいい」、そんな思いもあった。
東沢沿いにはドウダンツツジが多く紅葉の季節はみごとだそうだ。
ところが、二日目は朝から雨。せっかく来たが、雨の中、渡渉も数回あるという沢沿いのルートを下るのはやめて、素直に合戦尾根を下山した。

結局、今回も雲の上の宴会コースとなってしまった。
そんな中、夜、オーナーの赤沼さんと酒を交わしていると、「本当は11月がいいんですよねぇ」と、彼がぼそっとつぶやいた。「人も少なくなるし、雪はきれいだし」

燕山荘は人気の山小屋で、4月下旬の小屋開けから10月中旬までの週末は、いつでも多くの登山者が泊まりに来る。今回登った週末も、山の花は終わり紅葉にはまだ早い時期だったが大混雑。夕食は4回に分けられていた。それが、初冠雪を過ぎ11月に入ると急に静かになる。
また、雪が一番きれいなのもこの時期だそうだ。

春先の残雪は黄砂の影響もあり黄ばんでしまう。厳冬期の年末年始も小屋はオープンするが、そのときは中房温泉までの林道を12キロ歩かなくてはならない。二日がかりの行程となる。
11月の新雪は真っ白くきれいで、標高の高いところだけについている。山の輪郭がシャープで裾野の緑とのコントラストも美しい。春に比べて空気の透明感が違うそうだ。

そういえば、初冬の北アルプスには登ったことがない。たいがいの山小屋は雪がつき始める前に小屋閉めをしてしまうので、なかなか機会がない。

何年か前に同じ話しを聞いて以来、「そのうち新雪の北アルプスへ」との思いがあったが、今回また赤沼さんと話してみて、「今年こそは、」に思いが変わった。

| | Comments (1)

« September 2012 | Main | November 2012 »