« 西吾妻山スキー(わだわだ) | Main | 男体山 (shoujohanne) »

May 10, 2013

日光白根山 (shoujohanne)

5月4日(祝)

結局、湯元側からのアプローチでは時間がかかりそうとの判断で、丸沼側からロープウェイを使うことにした。
ロープウェイのチケット売り場では登山届けを出さされ、下山時にも声をかけるようにと言われた(いいことです)
「いまの季節は上ではチケットを売っていないから」と帰りの分のチケットもしっかり売ってくれた。

1
山頂駅を降りると、目の前に白根山の勇姿がどぉーんと現れる。
前半は樹林帯の中をトラバース気味に徐々に高度を上げていく。 幾つかの谷を横切るので、積雪の状態によっては雪崩や滑落の危険が伴う。 今日の雪は安定しており、アイゼンもしっかり効いた。

2
2400メートルくらいからは森林限界を超えて見晴らしがいい。
見晴らしがいいから、ずっと前まで、延々と登山者がいるのが見える。
予想以上に人が多い。 ロープウェイの運行がこの連休までで、その後は6月のグリーンシーズンまで休止になる。 つまり、雪山として手軽に楽しめるのはこの連休が最後だからだろう。

3
頂上は360度の展望だが、風が冷たく、早々にピークの鞍部まで降りて休憩した。

登り2時間50分、下り1時間30分。

その日帰る仲間をバス停まで送り、3時半に宴会開始。
なんと、7時前には寝袋に収まった!

今回の『猩々庵』お品書き
<酒>
 ・岩波 上撰
 ・くろさわ 生もと純米
 ・四季桜 はなのえん

<肴>
 ・トマトとモッツァレラチーズ、オリーブオイルと岩塩ドレッシング
 ・馬スジ肉と行者ニンニクの醤油炒め煮
 ・馬スネ肉の甘辛煮
 ・スナップエンドウの酒蒸し
   など

|

« 西吾妻山スキー(わだわだ) | Main | 男体山 (shoujohanne) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 西吾妻山スキー(わだわだ) | Main | 男体山 (shoujohanne) »