« September 2013 | Main | November 2013 »

October 18, 2013

グラナイトギア社 ザック用雨ブタ(かげろう)

グラナイトギア社 ザック用雨ブタ 容量7L 重量255g
006

1 クラウン用純正雨ブタです
011

2 ウェストバックとして使用できます 小屋orテント内で私物や貴重品入れとしても
012

3 裏ワザ 他のザックにも簡単な工夫で取り付けられそうです
007

4 アルパインベーパーというザックに装着してみました

009

5 ひもを使用して簡単につけられる構造になってます
008

| | Comments (0)

フェルト地下足袋を使ってみました。(かげろう)

沢のぼりで使ってみました

1回使用してフェルトはこんな具合 滑ったところでも安定感あります 剛性がないのでフリクション登り重視 サイズ 25.5cm購入(普段靴25cm) でやや大きい
〇 携行し易い ペタペタ感覚 そこそこ使える 安価
× 剛性がない 張り替えできない 地下足袋なれしてないと歩きずらい
003

靴下 5本指 長短2足で 私には具合いい
002

手袋は作業用ノンスリップが使いやすい
サイズは1サイズ大き目のほうがつっぱらず快適
004

ウェアはストレッチ上下ベース
これも1サイズ大き目のほうが快適でした
001_3

| | Comments (0)

October 15, 2013

アイゼンと登山靴とのフィッティング(かげろう)

登山靴とザックは体に合うものが一番いいと昔から言われているように重要な登山用具です。登山靴に装着するクランポンも同様です。

購入前の注意 
1 自分の山行形態に合わせたものを 
2 靴を必ず持参して相性等を確認してください) 
3 山歩き中心の場合 ソフトビンディングタイプ推奨   いろんな靴に合わせられます、雪山も使用できます 
4 アイスクライミング等使用するのでしたら  靴も冬山や登攀用 クランポンもアイス&ロック用とか必要になります 

1、ソフトビンディングタイプ
Ku1
靴底と反りが合っている

Ku2
靴底の形状 
最近 内側に湾曲した靴底があります

Ku3
靴底の内側カーブが大きい場合 
クランポンとカーブが合わないときがあります  ジョイントを湾曲したものに交換するという方法も 考えられます

Ku4
内側のでっぱりが  気になりますが私は慣らしてなんとかこのまま使用しています(山歩き等中心の使い方) 岩や氷は微妙なときあります

Ku5
靴とクランポンの相性がいいと 同じ曲り具合です

Ku6
はみ出しもほとんどなく すっきりしてます

Ku7
爪先の出具合  2cm程度くらいが私にはいい(個人の経験値なので各自異なるかもしれません)

Ku8
もう少し 突き出したいとき  フロントセッチ部分にテープを巻いて 微調整ができると思います

Ku9
前後の調整はややきつめ  ベルトを締めない状態で 持ち上げても 靴から落ちない程度がいいと思います

Ku10
ベルトのあまりをどう処理するか 各メーカー推奨のあまりの長さを考慮して カットするのがいいと思います (スパッツを装着した長さでカットしてください) もったいないということでカットしない方もいますが  末端止めはうまくやらないと緩むときがあります
先端から何センチかは接着剤で固めておくと 金具をとおすとき楽です

2、ビンディングタイプ
Ku11
氷用には  最低2cmの有効突出しが必要と思います フロント爪は消耗品でもあるので 交換できるタイプおすすめ 

Ku12
最近の登山靴は幅がけっこう狭くなって この靴は引っ掛かり部分7cm程度

Ku13
フロントビンディングの幅はメーカーによって異なります これは8cm程度

Ku14
テープを巻いて補正  やり直しがきく 値段が安いので いつもこの方法です

Ku15
やや幅狭くなりました

Ku16
確認 ここがぐらぐらしてますと 動いて 非常に不安定 危険な場合も

Ku17
バンドのあまりは外側へ  踏まない&ひっかけない長さに

| | Comments (0)

October 09, 2013

天国に続くナメと錦秋の巻機山(shoujohanne)

登山口に前泊、日帰りで秋の米子沢に行ってきました。

 入渓地点から詰めの避難小屋まで、標高差1100メートル。中房温泉から燕山荘と同じくらいあります。今回は、避難小屋までの登り6時間半、下り2時間半くらいでした。
 ロープは、巻き付け結びで確保しながら登ったところが一ヶ所。お助け紐的に使ったのが、2-3ヶ所。クライミング技術というよりは、ナメで滑らないように丁寧に足を置くことがこの沢のキモでしょうか。
 入渓前に「ウォーミングアップの薮こぎ」と、避難小屋への詰めで「景色を見るための遠回り」がありました (^^;)

Kome1
米子沢下部
今回、前半は前から2番目を歩かせてもらいました
松浦さんがすっと通ったところを、自分が行くと、あれっ?

Kome2
こんなところも、以外とフツーに登れてしまいます

Kome3
後半のハイライト、「天国に続くナメ」 その1

Kome4
後半のハイライト、「天国に続くナメ」 その2

Kome5
上から見下ろすと、結構な傾斜
滑ったら、「地獄の底へのウォータースライダー」!?

Kome6
避難小屋への詰めのルートから

Kome7
避難小屋前の草紅葉
避難小屋に泊まって、朝陽に輝く紅葉を見るのもいいでしょうね

Kome8
下山道から見下ろす、錦の絨毯

Kome9
まさに、絶景でした

| | Comments (1)

October 05, 2013

靴底の張り替えタイミング(かげろう)

012
1 靴底のパターンブロック  丸くなると  岩場や木道等のグリップが  減少するようです

010
2 冬場しか使用しない 雪道+アイゼン専用 減りは少ないようですが 時間経過等でゴムの劣化は進んでます

009
パターンブロックの減り具合と 経年劣化 を考えると 長くても3-5年でかなり消耗or劣化 してると 思ったほうがいいようです。

不安でしたら購入したお店に相談する等のほうほうも また購入するときに貼り換えが
可能かも確認しておくと よいかもしれません。

| | Comments (0)

October 02, 2013

フェルト地下足袋(かげろう)

北国のお店で販売している フェルト地下足袋 購入しました。

通販のため サイズは0.5cm大き目の 25.5cmに (普段履いてる地下足袋が 25cmで靴下でややぴっちりなので) こちらのほうが大きいかも 近いうちに試してみます。

008

009

登山教室Timtamのホームページ→山道具のページ→沢登りシューズの項もごらんください。http://homepage3.nifty.com/timtam/doug.html

| | Comments (3)

« September 2013 | Main | November 2013 »