« 天国に続くナメと錦秋の巻機山(shoujohanne) | Main | フェルト地下足袋を使ってみました。(かげろう) »

October 15, 2013

アイゼンと登山靴とのフィッティング(かげろう)

登山靴とザックは体に合うものが一番いいと昔から言われているように重要な登山用具です。登山靴に装着するクランポンも同様です。

購入前の注意 
1 自分の山行形態に合わせたものを 
2 靴を必ず持参して相性等を確認してください) 
3 山歩き中心の場合 ソフトビンディングタイプ推奨   いろんな靴に合わせられます、雪山も使用できます 
4 アイスクライミング等使用するのでしたら  靴も冬山や登攀用 クランポンもアイス&ロック用とか必要になります 

1、ソフトビンディングタイプ
Ku1
靴底と反りが合っている

Ku2
靴底の形状 
最近 内側に湾曲した靴底があります

Ku3
靴底の内側カーブが大きい場合 
クランポンとカーブが合わないときがあります  ジョイントを湾曲したものに交換するという方法も 考えられます

Ku4
内側のでっぱりが  気になりますが私は慣らしてなんとかこのまま使用しています(山歩き等中心の使い方) 岩や氷は微妙なときあります

Ku5
靴とクランポンの相性がいいと 同じ曲り具合です

Ku6
はみ出しもほとんどなく すっきりしてます

Ku7
爪先の出具合  2cm程度くらいが私にはいい(個人の経験値なので各自異なるかもしれません)

Ku8
もう少し 突き出したいとき  フロントセッチ部分にテープを巻いて 微調整ができると思います

Ku9
前後の調整はややきつめ  ベルトを締めない状態で 持ち上げても 靴から落ちない程度がいいと思います

Ku10
ベルトのあまりをどう処理するか 各メーカー推奨のあまりの長さを考慮して カットするのがいいと思います (スパッツを装着した長さでカットしてください) もったいないということでカットしない方もいますが  末端止めはうまくやらないと緩むときがあります
先端から何センチかは接着剤で固めておくと 金具をとおすとき楽です

2、ビンディングタイプ
Ku11
氷用には  最低2cmの有効突出しが必要と思います フロント爪は消耗品でもあるので 交換できるタイプおすすめ 

Ku12
最近の登山靴は幅がけっこう狭くなって この靴は引っ掛かり部分7cm程度

Ku13
フロントビンディングの幅はメーカーによって異なります これは8cm程度

Ku14
テープを巻いて補正  やり直しがきく 値段が安いので いつもこの方法です

Ku15
やや幅狭くなりました

Ku16
確認 ここがぐらぐらしてますと 動いて 非常に不安定 危険な場合も

Ku17
バンドのあまりは外側へ  踏まない&ひっかけない長さに

|

« 天国に続くナメと錦秋の巻機山(shoujohanne) | Main | フェルト地下足袋を使ってみました。(かげろう) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 天国に続くナメと錦秋の巻機山(shoujohanne) | Main | フェルト地下足袋を使ってみました。(かげろう) »