« 靴底の張り替えタイミング(かげろう) | Main | アイゼンと登山靴とのフィッティング(かげろう) »

October 09, 2013

天国に続くナメと錦秋の巻機山(shoujohanne)

登山口に前泊、日帰りで秋の米子沢に行ってきました。

 入渓地点から詰めの避難小屋まで、標高差1100メートル。中房温泉から燕山荘と同じくらいあります。今回は、避難小屋までの登り6時間半、下り2時間半くらいでした。
 ロープは、巻き付け結びで確保しながら登ったところが一ヶ所。お助け紐的に使ったのが、2-3ヶ所。クライミング技術というよりは、ナメで滑らないように丁寧に足を置くことがこの沢のキモでしょうか。
 入渓前に「ウォーミングアップの薮こぎ」と、避難小屋への詰めで「景色を見るための遠回り」がありました (^^;)

Kome1
米子沢下部
今回、前半は前から2番目を歩かせてもらいました
松浦さんがすっと通ったところを、自分が行くと、あれっ?

Kome2
こんなところも、以外とフツーに登れてしまいます

Kome3
後半のハイライト、「天国に続くナメ」 その1

Kome4
後半のハイライト、「天国に続くナメ」 その2

Kome5
上から見下ろすと、結構な傾斜
滑ったら、「地獄の底へのウォータースライダー」!?

Kome6
避難小屋への詰めのルートから

Kome7
避難小屋前の草紅葉
避難小屋に泊まって、朝陽に輝く紅葉を見るのもいいでしょうね

Kome8
下山道から見下ろす、錦の絨毯

Kome9
まさに、絶景でした

|

« 靴底の張り替えタイミング(かげろう) | Main | アイゼンと登山靴とのフィッティング(かげろう) »

Comments

掲載、ありがとうございます。
前泊日帰りで行ける沢としては最高でした。
また、季節を変えて行ってみたいです。

ただ、初心者が安易に入ってナメで滑ったりすると大きな事故につながるので、慎重さが必要ですね。

写真をクリックすると拡大されますのでお楽しみ下さい。

Posted by: shoujohanne | October 09, 2013 at 11:30 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 靴底の張り替えタイミング(かげろう) | Main | アイゼンと登山靴とのフィッティング(かげろう) »