« November 2013 | Main | January 2014 »

December 28, 2013

アイススクリュープロテクター(かげろう)

012
用意するもの
ホース アイススクリューが入る径を選びます。
エラスチックバンド テントポール用が丈夫です。
(登山用具店で計り売りしてます)

011
適当な長さにカットし穴あけした部分にバンドを入れて、使います。
無くしても 費用がかかってないので、残念な気持ちになりません(^_^;)

| | Comments (0)

December 27, 2013

登山靴リフレッシュ(かげろう)

皮革部分の退色なんとなく 古さが目立ってきます
006

靴クリームメーカーがアドカラーという水性の着色料を出してます(20g入り315円 白は40g630円) 。水性絵具と同じ使い方色混ぜもOK
001

クリーナーや専用洗剤で患部を脱脂して作業すると色のりがいいようです
012

ほどほど乾いたら 透明のクリーム等で艶出しと栄養を与えます。
013

| | Comments (0)

December 20, 2013

ネオプレン素材(同等品)の靴下(かげろう)

ネオプレンの靴下試してみました
001

私の履き方と使った印象
 直接履かない(直接履いたほうがいいという方もいらっしゃいます)
 下の靴下 化繊・ウール・メッシュ等
003


長いほう
 メリット 靴擦れすくない 暖かい
 デメリット ややタイトになる 脱着がめんどう
002_2

短いほう
 メリット 履きやすい 山小屋へ入ってそのままスリッパになる
 デメリット 脱げやすい 靴擦れするときもある
004_3

冬富士 アプローチから六合目周辺 まったく問題ありませんでした(私個人の体感ですが)

雪国等のホームセンター数百円で購入しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
初冬の富士山アプローチに続いて、下の写真の組み合わせで、1月の東天狗岳で使ってみた所、問題なく1泊2日履きっぱなしで下山できました。
003_3
最低体感外気温マイナス10°程度(個人差がありますので、鵜呑みにはされないように)。

冬用シングル皮登山靴と衣料品店で販売されているアクリル製薄手ソックスとの組み合わせで厚手登山靴下1枚と同等に使えました。

ネオプレンソックス長所:
表面がすべすべしているので、この形でもかかと等の靴擦れがありません。
小屋へ入ってそのまま室内履きになります。

ネオプレンソックスの短所:
適度に蒸れますので就寝時はアクリル靴下だけか予備の靴下を利用し 足を乾かすようにしてます。→蒸れは、そんなものだと認識してうまくお付き合いする工夫をすれば そこそこ使えるかもしれません。

メッシュの靴下もお勧めですがかなり高価です。 
018_4

| | Comments (0)

December 18, 2013

靴底 スパイク(かげろう)

004
長靴用ですが、なかなかいいという評判を聞いて購入しました。
雪が降る地域のカー用品店で売ってました。

027
5-6時間 10kg程度の荷物を背負って使用した後の状態です。
凍った林道等最適です。

028
ラバー全体を登山靴にはめこむ構造です。

029
ワンタッチアイゼン用登山靴が外れにくい

030
片足190g

| | Comments (0)

December 02, 2013

初冬の燕岳(shoujohanne)

11月最後の週末、燕山荘の小屋締めに合わせて燕岳に行ってきました。
残雪期とは違った、真っ白でふかふかの新雪。登山口まで車で入れる最終日に好天も重なり、小屋は200人以上の宿泊で賑わっていました。

この時期の雪山、本当にきれいですね。

Tu1
中房の登山口の木々にもうっすらと新雪が。朝日に白く輝いていました。

Tu2
合戦の頭から稜線にでると、パウダースノーが風に吹かれて、きれいなシュカブラになっていました。

Tu3
11月のこの時期の日の入りは4時半頃。2時過ぎでももうこの影の長さ。
遠くに槍のシルエットが見えてます。

Tu4
日の出前の一瞬。正面は八ヶ岳、右が富士山。

Tu5
自然遺産ではなく文化遺産だけど、でも、きれいです。

Tu6
朝陽に染まる北アルプスの女王。テント場の雪庇もまだ発達していません。

Tu7
表銀座の峰々も、モルゲンロードに染まりました。
雪の白さと山の輪郭のシャープさは、初冬のこの季節ならではです。

Tu8
今回は、日本酒ではなくて、解禁したてのボジョレー・ヌーヴォを担ぎました。爽やかな透明感に加え上品な渋みもあって、なかなかの逸品でした。

クリームチーズをキュウリと巻いて、久しぶりに『ウニがっぱ』をあてに。

|

« November 2013 | Main | January 2014 »