« 靴底 スパイク(かげろう) | Main | 登山靴リフレッシュ(かげろう) »

December 20, 2013

ネオプレン素材(同等品)の靴下(かげろう)

ネオプレンの靴下試してみました
001

私の履き方と使った印象
 直接履かない(直接履いたほうがいいという方もいらっしゃいます)
 下の靴下 化繊・ウール・メッシュ等
003


長いほう
 メリット 靴擦れすくない 暖かい
 デメリット ややタイトになる 脱着がめんどう
002_2

短いほう
 メリット 履きやすい 山小屋へ入ってそのままスリッパになる
 デメリット 脱げやすい 靴擦れするときもある
004_3

冬富士 アプローチから六合目周辺 まったく問題ありませんでした(私個人の体感ですが)

雪国等のホームセンター数百円で購入しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
初冬の富士山アプローチに続いて、下の写真の組み合わせで、1月の東天狗岳で使ってみた所、問題なく1泊2日履きっぱなしで下山できました。
003_3
最低体感外気温マイナス10°程度(個人差がありますので、鵜呑みにはされないように)。

冬用シングル皮登山靴と衣料品店で販売されているアクリル製薄手ソックスとの組み合わせで厚手登山靴下1枚と同等に使えました。

ネオプレンソックス長所:
表面がすべすべしているので、この形でもかかと等の靴擦れがありません。
小屋へ入ってそのまま室内履きになります。

ネオプレンソックスの短所:
適度に蒸れますので就寝時はアクリル靴下だけか予備の靴下を利用し 足を乾かすようにしてます。→蒸れは、そんなものだと認識してうまくお付き合いする工夫をすれば そこそこ使えるかもしれません。

メッシュの靴下もお勧めですがかなり高価です。 
018_4

|

« 靴底 スパイク(かげろう) | Main | 登山靴リフレッシュ(かげろう) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 靴底 スパイク(かげろう) | Main | 登山靴リフレッシュ(かげろう) »