« 足の負担、冬山など(かげろう) | Main | 靴底 スパイク(かげろう) »

December 02, 2013

初冬の燕岳(shoujohanne)

11月最後の週末、燕山荘の小屋締めに合わせて燕岳に行ってきました。
残雪期とは違った、真っ白でふかふかの新雪。登山口まで車で入れる最終日に好天も重なり、小屋は200人以上の宿泊で賑わっていました。

この時期の雪山、本当にきれいですね。

Tu1
中房の登山口の木々にもうっすらと新雪が。朝日に白く輝いていました。

Tu2
合戦の頭から稜線にでると、パウダースノーが風に吹かれて、きれいなシュカブラになっていました。

Tu3
11月のこの時期の日の入りは4時半頃。2時過ぎでももうこの影の長さ。
遠くに槍のシルエットが見えてます。

Tu4
日の出前の一瞬。正面は八ヶ岳、右が富士山。

Tu5
自然遺産ではなく文化遺産だけど、でも、きれいです。

Tu6
朝陽に染まる北アルプスの女王。テント場の雪庇もまだ発達していません。

Tu7
表銀座の峰々も、モルゲンロードに染まりました。
雪の白さと山の輪郭のシャープさは、初冬のこの季節ならではです。

Tu8
今回は、日本酒ではなくて、解禁したてのボジョレー・ヌーヴォを担ぎました。爽やかな透明感に加え上品な渋みもあって、なかなかの逸品でした。

クリームチーズをキュウリと巻いて、久しぶりに『ウニがっぱ』をあてに。

|

« 足の負担、冬山など(かげろう) | Main | 靴底 スパイク(かげろう) »