« カナダ生活パーツ2(I島) | Main | 八ヶ岳・赤岳天狗尾根(M浦) »

August 08, 2014

西丹沢・箱根屋沢(M浦)

2014年8月2日に西丹沢の箱根屋沢に行ってきました。
中川温泉から西丹沢方面にバス道を歩き、割沢橋の次の箱根橋が入渓点です。入渓してすぐに堰堤があり、これを右から超えて、50メートルほど行くとそこからは滝が連続します。以下ロープを出す滝の写真です。

Hak2
1つめ目の滝は支点ンが見当たらないので右から巻いて登って、上からロープを投げて登りました。Ⅳ級程度です。

Hak3
2つ目の滝は左から、クラ―マーの足元に残地支点が2つあります。下の方は簡単ですが、上は水流側にホールドがあるので、意外とてこづります。

Hak4
3つ目の滝は左から登るのですが、下の方はツルツルで登りにくく、それをきらうと、上にある支点まで5メートルほどのトラバースになります。上には残地スリングが2つ垂れていて、簡単そうに見えました。でも、下のツルツルとその上のトラバースが悪い感じだったので、右から巻いて上に出ました。この滝のすぐ上が核心の人口登攀の滝になります。

Hak5
人口登攀の滝は水流の右からクラックぞいに斜め左に登って行きます。一番下にハーケンが一つ打ち足されて、チョンボ器を使わなくても一つ目の支点に手が届くようになっていました。

Hak6
支点の間隔もせまくて、簡単に高度をかせぎます。

Hak8
滝の落ち口に向かって登って行きます。

Hak9
昨年は滝の落ち口の所で支点がなくなりフリーで登っていたのですが、写真の左足の上にハーケンが一つ打ち足されていて、それを見つければ簡単な状態になっていました。

人口登攀の滝の上にもう一つ、リングボルト2つある小さな人口登攀の滝がありますが、今回はパス。人口登攀の滝を登った所から左岸を右へ右へと水平にトラバースして、箱根屋沢左岸尾根を捕え、尾根についたしっかりした踏み跡をだどりバス道路まで下りました。

|

« カナダ生活パーツ2(I島) | Main | 八ヶ岳・赤岳天狗尾根(M浦) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« カナダ生活パーツ2(I島) | Main | 八ヶ岳・赤岳天狗尾根(M浦) »