« 「土樽・荒沢山 2014」 S藤 | Main | 12月30日土樽・荒沢山(JUJI) »

January 05, 2015

厳冬期の燕岳 (shoujohanne)

2014年の締めの山として燕岳へ行って来ました。
10数回は通っている山ですが、厳冬期に行くのは初めてです。
(写真をクリックすると拡大します)

朝5時半に宮城ゲートを歩き始めて途中から明るくなり、モルゲンロートに染まる稜線が見えました。
Asa5

おなじみの第二ベンチも、ただトレースの脇に埋もれた看板が確認できるだけです。
Onajimi

合戦小屋とケーブルの鉄塔もこの状態。
Kassen

夏は笹の間をジグザグに登る合戦の頭への道も直登ルートに変わっています。
Natuhasasa

合戦の頭からの燕岳と北燕岳。雪の白さはこの時期が一番。
Kassenkatatubame

合戦の頭から燕山荘までは夏と異なり尾根通しに歩きます(下山時に撮影)
Kassennnoatamakara_2

初日のアーベントロート
Syonitinoaru

クラストした雪面がキラキラと輝きます。
Kurasutokitrakira

二日目のモルゲンロート
足元のシュカブラのコントラストがみごとでした。
Ninitimemorugen

気温マイナス14℃、風速15メートル
合戦尾根の雪煙が黄金色に輝いて見えました。
Kionnmainasu

今回は二日間とも好天に恵まれ、無事厳冬期の山頂も踏みました。
この年末年始の中でも一番天候が良かったのではないでしょうか。

歩き始めが遅かったせいもあり、宮城の林道ゲートから燕山荘までの約10時間、前後に全く人はおらず、すれ違うパーティーもほんの数組でした。
自分が踏みしめる雪の音だけをひたすら聞き続け、立ち止まると静寂の世界。
自分の鼓動と吐く息が妙に大きく聞こえました。

不思議なものです。
10時間もひとりきりで、テレビもパソコンもなく、「じっと座って考え事をしていなさい」と言われたら退屈きわまりないと思います。
なのに登山だと、ゆるやかにいろいろな想いがめぐり、心地よく過ごすことが出来ます。

身体のきつさとはうらはらに。
心が穏やかになります。

|

« 「土樽・荒沢山 2014」 S藤 | Main | 12月30日土樽・荒沢山(JUJI) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「土樽・荒沢山 2014」 S藤 | Main | 12月30日土樽・荒沢山(JUJI) »