« January 2015 | Main | April 2015 »

March 30, 2015

湯河原町周辺の山バリエーションハイキング(I 島)

おーまいごっど (おー、神様)

P1241568

P1241572

 1月25日 井上ガイド企画の湯河原町周辺の山ハイキングに行ってきました。城山〜662.6m〜しとどの窟〜自艦水〜686m〜南郷山〜五郎神社というルートです。

 朝8時35分に湯河原駅集合、タクシーにて城山までとの計画で駅のタクシー運転手に聞くと、3000円以上とのことでした。ウッソー!!駅の裏から登る舗装路を知らないのか、運転手は石がゴロゴロした道と何か勘違いした様子。バスは9時35分まで出ないので、歩いて行くことに。住宅街の急な坂を登る。早春の優しく温かい日差しにつつまれて、民家の庭先の水仙の花や早咲きの菜の花を楽しむ。空はあくまで青し。1時間少々歩いて城山の頂上へ。そこからは西に伸びる登山道を少し進み、途中の広場で遊歩道のような道を離れて662.6mの頂へ。頂からの下りはバリエーションでほとんど踏み跡がない。しかも冬枯れの潅木の枝やら棘のある木の枝にからまれた。目的地のトンネル上まで進む。ここから右に(北方向に)降りるとトンネルの出口の弘法大師が祀られた広場に降りた。ここから「しとどの窟」へと石の灯篭や石仏の並ぶ道を下りていくと、窟に着いた。

 窟からは沢沿いの山道を新崎川まで降りる。そこからは幕山を巻くように大石ケ平まで林道歩き。大石ヶ平からは幕山方面に進み自鑑水を尋ねる。とても飲料にはなりそうもない池であった。ここからバリエーションで、井上さん待望の藪漕ぎ場所である686mの頂を目指す。自艦水からの登りは檜の植林地帯のゆるい登りで、少し笹薮があるものの大したことはない。ところが頂上らしきものが見えたところから急にハコネダケ(?)という背の高い竹やぶに突入した。急斜面に加え、前方が見えない。頂上に着けば視界が開け(井上さんのお話ではそのようになっていると・・・・)、安堵できると思っていたが、頂上に着いたように思えたところも鬱蒼とした竹藪である。井上さんとI 藤さんはゴーグルにヘルメットという完全装備で前進。I島はちょっとナメてかかっていて、ヘルメットおよびゴーグルなし。そこで二人についていく。頂上でしばし方向を失い(磁石がどうも北をささず、左右に揺れているとの井上さんの報告)、四方を濃密なタケに囲まれそのありようが凄まじく、進行方向がわからなくなった。やばい。ここから脱出できないのではという不安がよぎる。

 焦る。そこで、最終手段の神の声(iPhone搭載のナビゲーションソフトField Access)をI島が開き、方向を確認。ほぼ頂上にいることがわかった。そして進むべきは北。しかし、井上さんとI藤さんの地図に登山路の印がないようで、I島の指示に疑心暗鬼であった。だが、I島がたまたま近くにあった木に登り北方向を見ると、手前から少々下って、目の前の小山との鞍部がありそうに見えた。そこは日が当たっていて、少し開けている。そこに登山路があるように思われた。そこで「とにかく前進してください!!」と大声をかけて進んでもらった。I島がやや遅れて二人の後を追ってしばらく進むと、「道がある!」とI藤さんが声を上げた。いやあ、一安心。地図で今来た藪を確認していたら、二人の地図とI島の地図が少々異なっていることがわかった。I島所有の地図は最新の国土地理院の地図プリを印刷したものであった。またiPhone搭載のField Accessも同様にその分岐のルートが記載されていた。この時I島は、バリエーション山行では、出かける前に全員の地図でルートの記載の有無を確認しておくことがいかに重要か、そしてコンパスが働かないときのGPS機能の重要性を思い知らされたのであった。皆さん、地図読みに行くときには、山に入る前に地図のバージョンを確認しましょう。またどのルートを攻めるのかについて確認するようにしましょう。

 今回のように、背の丈が高くて密集している藪を狙うときには、とくに方向感覚をつかむことがいかに難しいいか身にしみた。今から思う200mもない程度の藪漕ぎだと思われるが、視界の悪い状況では本当に脱出できるのかどうか不安になること、間違わないルートを探すことが極めて難しいことを思い知らされた。本当にためになった山行であった。低山の藪漕ぎ、侮れず。帰りの五郎神社からのバスに乗ったのは5時半過ぎであった。(記I島)

| | Comments (0)

March 23, 2015

ピッケル用手首バンド(かげろう)

最近発売された簡単な手首バンド
サイズ調節楽です。
手首用でなく肩掛け併用で60cmのスリングと使用すると便利です。

010

014

シンプルなプロテクタも便利です。
012

| | Comments (1)

ブーツカバー(かげろう)

ブ-ツカバ-という名称で売られております。
左右セット800円くらい 重量150g
簡易オ-バ-シュ-ズ(サイズ大きい靴だと入らないかも)として、アイゼンケ-スとしても重宝します。

015

017

| | Comments (1)

March 12, 2015

小黒檜山から黒檜山(赤城山) shoujohanne

城山の主峰黒檜山(くろびさん)を、冬ならではのルートで楽しんできました。

Photo
◆まだまだ雪は沢山残っていますしたが、木々の枝先には春の兆しが・・・。◆写真はオオカメノキの葉芽。 硬く締まっていた芽が少しだけほころびかけている気がしました。◆その下にあるのが葉痕。猿の顔に見えます。(クリックすると拡大)

Photo_5
◆赤城山ビジターセンターで集合し、黒檜山登山口まで車で移動。◆そこから2kmちょっとの林道歩きで、黒檜山と小黒檜山の稜線につながる尾根に取り付きました。 地図上では不明瞭な尾根ですが、実際に歩くと比較的分かりやすかったです。◆最後に黒檜山と小黒檜山の最低鞍部付近に突き上げる手前が、30~40度くらいの急登。ワカンを履いていても、湿った重たい雪に膝下までもぐる場所もあり、みんなでラッセルを満喫しました。

Photo_3
◆稜線に上がってもまったくトレースはなし。◆白樺・岳樺など、落葉樹の林は冬ならではの明るさで、うっすらとガスがかかった様子は幻想的でした。


Photo_6
◆まずは小黒檜山にピストンして、そのあと黒檜山に登り返しました。◆下りは、黒檜山から一般登山道を一気に下山。 1時間で登山口に到着。◆写真は小黒檜山の電波反射板

<コースタイム>
黒檜山登山口〜(1:00)尾根取り付き(林道2.2km) 〜(1:10)稜線鞍部付近〜(0:30)小黒檜山〜(1:50)黒檜山〜(1:00)黒檜山登山口

<おまけ>(那須高原で撮影)
下の写真がオオカメノキの冬芽(花芽)
ウルトラマンが「シュワッチ!」してるみたいです。
Photo_4

|

March 09, 2015

箱根・白銀山(Ino)

箱根・白銀山 山行報告(個人山行)

Img_4498
雪の白銀山頂

P1000534
山頂手前斜面の笹薮を漕ぐ

日 時:平成27年2月18日(水)
参加者:K澤、I上(L)
天 候:曇り時々雪(文責=I上、写真=K澤)

 悪天候等でこれまで3回中止にした白銀山。天気予報は雨か雪だが、兎に角登山口まで行って無理なら温泉に入って帰ろうと決行を決めた。発電所前でバスを降りると薄日が差していた空から細かな雨がパラパラとくる。道路の下を潜ったり沢を渡ったりとややこしかったが、それ程迷う場面もなく尾根取付に到着する。みぞれ交じりの雨はここで本降りとなり、レインコートをはおる。

 白銀山山頂迄は尾根通しで南東に向かって一直線、踏み跡はなくても迷う個所はないはずだ。登り出しから斜面は相当急だ。木の根を掴んだりバイルで体を支えたりの連続。暫くすると体は汗でビチャビチャになる。フリースを脱ぎ長袖シャツも脱いでTシャツとレインコートだけになる。雨は間もなく雪に変わるが、気温はこの時期としては高い。寒さを予想して穿いてきた防寒タイツが何とも暑苦しく恨めしい。地面を薄く覆う雪で足が滑りスピードは思うように上らない。露岩帯を過ぎる辺りから笹が出始めやがて腰までの笹藪となる。ただ、ここの藪は手で軽く分けて行けば困難なく、星ケ山付近の太く密集したハコネダケの藪に比べると幼稚園。レインコートの下を穿かずいる為、ズボンはもうずぶ濡れだ。

 白銀山山頂への到着は12時40分で尾根取付から3時間もかかっている。気温はかなり低下し、休憩に入ってしばらくすると、体が急激に冷えてくる。びしょ濡れの長袖シャツとフリースを再び着てK沢さんが淹れてくれた熱い味噌汁を啜りやっと一息つく。降雪は本格的となり、辺りの積雪は15cm程か。古びた山名板の横に「頼朝道」と書かれた行先表示板が置かれている。さあ地図読みはここからが本番と緊張が走る。時刻は13時丁度。最近は5時を過ぎでも明るいから、迷わなければ日没前に下に降りられるだろう。夜は冷えるかも知れないが、ツェルトもコンロもあるからビバーグになっても死ぬことはない筈。

 地図とコンパスを確認して頂上を出発、老懐山を目指す。頂上を出て間もなく星ケ山への分岐が見つからず、道を間違ったかと一旦山頂付近まで戻ったり時間をロス。道はやがて北東に向きを変え、標高約900mの木立に囲まれたピークに着く。ここは老懐山の山頂904mではなく、北へ50m程行った所がそれと知る。山頂へは寄らず、北西に向かって下る。雪面にはトレースの痕跡らしきものもあるが、人のものか獣の通り道かは判然としない。今日は悪天候の為に展望はゼロで、赤布の類もほとんど見つからぬ為、コンパスと地形図だけが頼りである。

 高度計が900mを示す辺りで広く開けた場所に出る。山名標識は見当たらぬが、地形からここが三所山892mとみて多分間違いない筈。一本とって、気持を落ち着け地図を確認する。マップケースを忘れた為に、地図は雨にぬれてもうグショグショだ。破れて読めなくなったらまずいな!少し行くと、踏み跡が消えて先は崖となる。ここはやはり三所山ではなかったのか?どこでルートを外したんだろう?これを下って間違っていたら登返しも大変だ。迷いつつ腹を固めて積雪と藪の急斜面を強引に下る。斜面の途中の木の枝に赤テープが見え、下りきった800mのコル付近では、地図のとおりに北方向に830mの小ピークが。ルートは間違ってなかったぞ!

 次の830mの下りは要注意だ。尾根通しに素直に下っていくと沢に降りる破目になる。分かりにくい尾根の二股に「箱根湯本」の行先表示板がなかったら、我々もこの罠に嵌っていたかもしれぬ。次に、小ピークを一つ越えてコルに出、二つ目のピークはズルをして右へ巻く。巻道が終わったと思える地点で時刻を見るともう16時前。日没まであと1時間半だ。踏み跡の薄いこのルートをヘッドランプで歩くのは難しく、ビバーグになる惧れもある。スピードアップを図らねばと先頭をまだ元気なK沢さんに交代し、崩れたフェンス際をズンズン下っていく。100m程下った辺りで何となくおかしいと気づく。このまま東向きに下ると先程と同じ沢に出てしまうのではないか?焦る心を抑えて急斜面を登り返し、尾根に立って辺りの地面を探ると北東方向にかすかな踏み跡。やれ助かったわい。ビバーグにならずに済んだわい!

 しばらく行くうち、地面の雪は少なくなり、踏み跡も段々明瞭になってくる。枯葉に覆われた登山道らしきものも所々現れる。もう迷う所はないだろうと歩きやすくなった道を駆けるように下る。ここで雪と枯葉でスリップして3度も転倒し、衣服を泥まみれにしたのは二人のうちどちらでしょう?406mを過ぎる頃には、下界の景色が木の間越しに大きく見え始め、終了点は近いと期待が高まる。もうあと少しと思ったときに、竹藪の手前で踏み跡が突然消える。この山はほとほと最後まで気を抜けぬ山!倒れた竹が地面に重なる荒れた斜面に突っ込むが、どうやら下方は崖ではないか?仕方なく、元の所へ戻って東方を探ると、藪の中に隠れた小さな踏み跡が。

 程なく、舗装道路にようやく降り立つ。時刻は5時を過ぎて辺りはすでに薄暗い。ギリギリのタイミングだった。緊張感に包まれた充実した山行だったな!面白かったな!これからの山行はGPS持参は禁止にしよう!
痛む足を引きずりながら箱根湯本駅へ歩く途中で見つけた町民温泉に泥だらけで上がり込み、湯に浸かって駅前での打上会の構想を練る。いそいそと向かった駅前の飲み屋はすべて休みで、計画変更した駅ベンチでの宴会も、発車間際の特急にK沢さんが慌てて飛び乗ったためにお流れ。小田原駅のキオスクで仕入れた缶ビールとワインを電車の中であおり、一人慰労会で気炎を上げたのであります。

                                  以上

| | Comments (1)

ただいまワシントン州のシアトルにいます。(I島)

Timtamの皆さん!お元気ですか。山行の記事ではないのですが、一足早いシアトルの桜をどうぞご覧あれ。

こちらはアメリカ西海岸のシアトル市の桜です。日本の染井吉野よりも少々小ぶりで、色も少々ピンク色が強いですね。でも、やはり桜は桜。木々もだいぶ芽吹いてきて、春らしさを感じています。天気予報でも4月並みの暖かさ、と報道しておりました。

明日から去年半年過ごしたヴィクトリアに移動します。今回はシアトル一週間、ヴィクトリア一週間の滞在と短いのですが、またヴィクトリアの様子を報告したいと思います。

では。 I島記

Photo

| | Comments (1)

12月30日土樽・荒沢山(JUJI)

0012
カドナミ尾根は超深雪&新雪、はじめは100m行くのに1時間

0052
踵固定のスノーシューはキックステップで40度の斜面が登れます。

0062
人数が多ければラッセルほど楽しいものはない。

0082
登るにいしたがって。雪がしまってきました。

0142
足拍子山が見えます。超深雪&新雪の時に足拍子山には行けないかもしれません。

0202
山頂の標識がまだ埋まっていませんでした。

0232
山頂から新潟方面の眺望です。

| | Comments (0)

« January 2015 | Main | April 2015 »