« 「 丁須の頭 と 木戸壁 」(Jam!活動報告) | Main | 大桁山と鍬柄山と富岡アルプス(S藤) »

January 11, 2016

「 三角巾の使い方の練習 」(Jam!活動報告)

H27年12月 三角巾でのケガの手当ての練習を行ないました。場所は練習や集いの場としてお世話になっている「クライミングジム カフェ(群馬県伊勢崎市)」の一角をお借りしました。

写真① 三角巾というと腕を吊る布…というイメージです。
Photo_9

写真② 折りたたむと…
Photo_10


写真③ 包帯のように使えます。幅も畳む回数で調節できます。
Photo_11
    
写真④ 前腕のケガに対して。前腕の外側で本結びします。
Photo_12

写真⑤ 手掌や手背のケガに。やはり外側(小指側)で本結び。
Photo_13


写真⑥ 頭部や額、頬のケガに。
Photo_15

写真⑦ 膝のケガに。
Photo_14

出血を伴うケガをした時は、きれいな水での洗浄が第一です。
(その際は、感染予防にゴム手袋やビニール袋を利用する方が良いです。)

洗浄後の保護として上記のような処置も有効です。
骨折部位の固定にも包帯代わりとして応急的に使えそうです。

まだまだ使い方はあるのですが、代表的な物を選んで練習しました。

1度やってみても、練習してないとすぐ忘れてしまいます。
時々、思い出すように練習していきたいと思います。

|

« 「 丁須の頭 と 木戸壁 」(Jam!活動報告) | Main | 大桁山と鍬柄山と富岡アルプス(S藤) »