« 「続・赤城山 冬の山ハイキング」(Jam!活動報告) | Main | 空き缶キャンドル(shoujohanne) »

March 08, 2016

3/6 赤城山・黒檜ダイレクト尾根(M浦)

Photo

①3月6日朝10時40分黒檜山の一般登山口から沼田方面に冬季閉鎖の赤城道路に入る(①地点)。赤城道路上には1週ほど前のスノーシューの跡があった。積雪は10cmほどでボコボコと踏み込みながら進んだ。

②黒檜と小黒檜の間の沢の右岸にある林道に入る(②地点)。林道には積雪が20cmほどありワカンジキをはいて進んだ。小黒檜山の西斜面は雪が無くて笹薮に見えた。

③林道終点付近から黒檜から西北西に下ってくるダイレクト尾根に取付いた(③地点)。②地点と③地点の間を横切る登山道は見当たらない。

④その1
核心部の急斜面は40度くらいになった(④地点)。ワカンジキを脱ぎ、岩と笹藪を避けて雪の斜面をとらえつつ高度をぐんぐん稼いだ。

④その2
途中に10cmほど雪の乗った草付き10m程が2カ所あった。トップがストックを真横に置いてホールドとして突破、セカンド以後はロープを使って登った。24mの補助ロープだったが持っていてよかった。

⑤核心部を過ぎて、30度くらいで30cmほど雪の乗った斜面を小一時間、つぼ足ラッセルで進み、黒檜の山頂の広場に出た。14時着だった。

⑥軽アイゼンをつけて一般登山道を下り、スタートの①地点に戻った。

⑦まとめ
・日帰りが出来る
・冬季登攀もどきでロープを使うワクワク感あり
・終了点が赤城最高峰の黒檜山頂
・まず人が来ない
・地図読みが面白い
・岩登りこそないが手頃な雪山バリエーションとしてお勧めである。

|

« 「続・赤城山 冬の山ハイキング」(Jam!活動報告) | Main | 空き缶キャンドル(shoujohanne) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「続・赤城山 冬の山ハイキング」(Jam!活動報告) | Main | 空き缶キャンドル(shoujohanne) »