« 丹沢・小川谷(K林) | Main | 雨の後の逆川(S田・M浦) »

August 24, 2016

幽ノ沢・V字右ルート (Jam!活動報告)

2016年8月 谷川岳・幽ノ沢V字右ルートに行ってきました。
メンバー:S藤、O部

写真① 今回も晴天に感謝です。幽ノ沢出合から遡行していきます。
Photo

写真② 大滝。
Photo_2

写真③ 幽ノ沢の岩場全景。オレンジラインがV字右ルートPhoto_3


写真④ カールボーデン上部。氷河で削られた圏谷底をカールボーデンと言うそうです。
    O部さんの立っている所まで2ピッチ、ロープを出しました。
Photo_4

写真⑤ トラバース
Photo_5


写真⑥ トラバースを終えて、4ピッチ目終了点。途中に支点ないです、が慎重に行けば問題ないです。
4

写真⑦ 8ピッチ目(Ⅳ)
8

写真⑧ 9ピッチ目 ステミングのピッチ(Ⅳ) 
9


写真⑨ 終了点(ここまで11ピッチ)。一ノ倉沢方面の景色。
Photo_6


写真⑩ 終了点から稜線(堅炭尾根)へ。
    中央に小さく写っているO部さんの辺りまで行くと、踏み後は消えていて…。その上方にルートが在るらしいのですが、少し登って確認してみても藪がひどく進みたくない雰囲気。正規ルートではなさそうですが、右側に見える草付きの岩場にルートを求めてみました。
Photo_7
3級程度の斜面で登り易かったです。Timtamの信条として安全が大切、時間は掛かってもロープを使いました。途中、ロープいっぱいになりピトンを打ってピッチを切りました。リスが乏しく打つ場所には難儀しました。そこから上の茂みまでもう1ピッチ、草で滑るので慎重に登ります。

ここからが私の核心、稜線までの漆黒の藪…。中に入ると夜。シャクナゲやヒメコマツ、笹などの混成林、密度の濃い枝々で体中を締め付けられている感じ…。足は浮いていて、腕を前に伸ばしていけない~。
「光が見えてきた!稜線だ」 ズバっと飛び出せるはず…と喜んだら、あれれ、中芝新道は反対斜面の10m位下にありました。更にもがいて、やっとこ脱出。正規ルートで無いということは、こういう事なんですよね。

もうちょっと辺りを確認して突入口を選べば良かったです。すぐ稜線だから…と安易な考えにしっぺ返し…。


写真⑪ 中芝新道(堅炭尾根~芝倉沢~芝倉沢出合)
    写真はいい感じですが、とてもワルイ道。「高名の木登り」で下山。
Photo_8


写真⑫ 「ブナのしずく」 幽ノ沢出合から1分ほど芝倉沢方面に歩くとあります。冷たくておいしい水です。珈琲や水割りにもイイですよ。
Photo_9


◆先行パーティも後続もおらず、自分たちのペースで安全に登れたのは良かったです。充実感がありました。
◆初見なので「その場その場を慎重に見ながら登る」を本日のキーワードにしていました。
JMGAの正会員になっているので「(行くか戻るか)迷ったら止める、アクシデントで迷惑を掛けない」という気概で登りました。
◆悪魔的な藪こぎを含めて、ルートファインディングが重要でしたし難しかったです。(一ノ倉沢南稜よりもトータル的に手強い印象。初見だから…?!)
◆谷川岳登山指導センターに係の人が残っていたので、挨拶と情報交換をして帰宅しました。笑顔で迎えてもらえると嬉しいですね。
◆いつもながら、山に色々と教えて頂きました。

ベースプラザ4:00~幽ノ沢出合5:40~取り付き8:30~終了点12:30~
堅炭尾根14:00~芝倉沢出合16:30~ベースプラザ18:20

|

« 丹沢・小川谷(K林) | Main | 雨の後の逆川(S田・M浦) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 丹沢・小川谷(K林) | Main | 雨の後の逆川(S田・M浦) »