« October 2016 | Main | December 2016 »

November 30, 2016

三国峠越え(越後から上州へ)  (Jam!活動報告)

2016年11月 
新潟側から三国峠を通り、群馬側の宿場(猿ヶ京)まで歩いてきました。

写真① 三国トンネル 新潟県側登山口
Photo

歴史的にみると、古くは平安時代に坂上田村麻呂が東北へ攻め込む際に通り、戦国時代には上杉謙信が幾度となく峠を越えたとあります。江戸時代には参勤交代で使用され、越後の良質な米を江戸に運ぶために更に整備されました。江戸からは罪人を佐渡へ島流しにするためも使われたようです。

写真② 新潟県側から三国峠へ登っていきます。
Photo_2
実はこの部分は三国トンネルの工事の後に作られた部分で、本来の三国街道ではないとの事。一見なだらかな感じでも、ちょっと急な登りもあり「自分達で米を運ぶとしたら…どうだろう~大変かも~」なんて思ってたら、やっぱり違ってました。旧三国街道はトンネルの上をトラバースしていたようです。

写真③ 三国峠(1302ⅿ) 三国権現があります。
1302
三国は上野赤城(群馬)、越後弥彦(新潟)、信濃諏訪(長野)の事だそうです。後ろに見えるのは三国山(1626m)

三国峠は地形的に優れています。尾瀬から谷川岳~三国山~白砂山へ続く上越国境の稜線は中央分水嶺です。その中で一番標高の低い地点が三国峠です。しかも新潟側からの勾配がとても緩やかです。新潟側登山口から新潟方面へ8㎞離れた地点で標高差を比較しても170m程度しかありません。川沿いの道はなだらかで移動や運搬に適しています。

写真④ 三国山に登ってみました。
Photo_3
階段の左側に降る雨は日本海に、右側に降る雨は太平洋に至ると思うと面白いですね。

写真⑤ 山頂から群馬方面を望みます。
Photo_4
山腹に国道17号線が通ってます。S34年に国道が開通してから、三国街道はひっそりと身を潜めます。

写真⑥ 三国峠(県境)から群馬方面へ。
Photo_5
いい感じの下りです。

写真⑦ 三国峠から群馬側への1㎞位の区間が雪崩地形になっています。
Photo_6
そこにある長岡藩士の墓。1740年2月に江戸からの罪人を佐渡に護送中に雪崩に遭い、長岡藩士8名が亡くなっています。3000名の村人が捜索に駆り出されたと記録にあります。上杉謙信も冬の三国峠を越えていたようです。衣服も乏しいなか、昔の人は凄すぎです。

写真⑧ 地図で雪崩地形を確認しつつ、また周囲の地形と照らし合わせてみたり…。
Photo_7


写真⑨ 雪崩地形を越えるとカラマツの林が出てきます。
Photo_8
新潟側~三国峠周辺はミズナラやブナが多く、山頂付近はダケカンバ、下ってくるとカラマツや広葉樹が見られ、植生の変化を楽しめます。

写真⑩ 三坂の茶屋跡。カラマツの木と街道の雰囲気がとても良いです。
10


写真⑪ 三国峠から4㎞程下ってきたところにある大般若塚。
11
多少の起伏がありますが三国峠からの標高差は60ⅿ程です。昔、この辺りで遭難者の霊が妖怪となり旅人を苦しめたようで、その霊を鎮めるために大般若塚を建立したとあります。

写真⑫ 標高1000mより下がると植林された杉林が出てきます。
12


写真⑬ もうすぐ山道が終わり、永井宿へ。
13
大般若塚~永井の辺りは、実はヤマビルの巣窟です。以前8月の小雨の日にここを歩いたときは、レインウエアに20~30匹這い上がられました。10月以降がいいみたいです。今回はまったく居ませんでした。

写真⑭ 上州に入って最初の宿場が永井です。
14
米の問屋場としてかなり栄えたようです。江戸から来た場合は、三国峠を越える前の最後の宿場であり、多くの人がここで宿泊、休憩を取ったようです。

写真は永井郷土館。管理人さんの話では、15年位前からイノシシやサルが庭先に現れるようになり、それに伴ってヒルも多くなったと。広葉樹の伐採、杉の植林などで植生のバランスが崩れ、エサ不足による動物の生息範囲の変化がもたらした害?かもしれません。

近くの家では、一斗缶を棒で叩いているおばあさんがいました。挨拶してお話しすると、庭の畑を荒らすサルを追い払うためと教えてくれました。

写真⑮ 永井からは中部北陸自然歩道の看板に沿って、吹路、猿ヶ京へ歩きます。
15
突然、ダムのような壁が…。自然歩道もこの建造物で消滅してました。現在、新三国トンネル工事が計画されており、これは掘削が始まった際の残土を捨てるコンクリート壁でした。この壁を迂回するルートが本日唯一のバリエーションでした。

写真⑯ 無事、ルートに復帰し猿ヶ京に向かいます。
16
永井から猿ヶ京まで4㎞あります。結構長く感じます。

写真⑰ 2番目の宿場、吹路(ふくろ)を歩きます。
17
「フクロウの里」と呼ばれていたようで、それが由来との説があります。

写真⑱ おがんしょかけ
18
医療の乏しいこの辺りの山村には、お地蔵さんを祀り「おがんしょ(願)かけ」をして、病の回復を願った風習があったそうです。耳だれ地蔵やいぼ地蔵など、身近ながらも悩まされる疾患の名がついた地蔵がいくつもありました。スタンプラリーの判もありました。

写真⑲ もうすぐ猿ヶ京。
19
紹介していない史跡もたくさんあり、ゆっくり楽しんでたら夕暮れ時になってしまいました。1日楽しめる歴史街道です。

行程:猿ヶ京のタクシー会社に車を停めさせて頂き、タクシーで新潟側登山口へ(4500円位)。

新潟側登山口9:15 三国山10:40 大般若塚13:30 永井15:00 猿ヶ京16:30

| | Comments (0)

November 10, 2016

「テーピング 比べてみました」 (Jam! 活動報告)

2016年11月 応急処置としてのテーピングを想定して、練習と有効性の検討を行いました。

 

要旨:テーピングには「非伸縮」と「伸縮」のテープがある. 「登山中に捻挫した」といった危急時には, 固定感の高い非伸縮テープが有効であるが, シール状の既製品がある伸縮テープこそ簡単に貼れて危急時に有効と考えた.

今回, 各々のテープを片足ずつ足首に使用し, 固定感, 作業性, 処置時間, 費用面などを検討した.

結果として, 非伸縮テープはやはり固定感が高く, 登山の応急処置としては適当. また安価である. しかし, 手際よく処置するには知識や技術が要求され, 事前の十分な練習が必要. 伸縮テープは貼り易く, テーピング処置への抵抗感を軽減させるが, 応急処置の固定感としては重ね張りしても非伸縮に劣る. また高価である.

登山時の応急処置のテーピングとしては, 事前の練習を行った上で非伸縮テープを携帯, 使用するのが良いと思われる.   ~論文風にしてみました(#^^#)~


【はじめに】
テーピングには、非伸縮テープと伸縮テープがあります。テーピングというと前者の非伸縮(伸びない)のホワイトテープが一般的です。これしか無かった時は全般に使用されていましたが、伸縮テープが登場してからは役割的に主に応急処置の固定用や、まだ完治していない状態で運動する場面など、しっかり固定に使用する傾向があります。

伸縮テープは伸びる特性を生かして、運動時に安定感を与える、つまりケガの予防やケガ治癒後の再発防止の目的で、予め運動前から貼ることが多いです。

登山では、ねん挫など不意のケガの応急処置として非伸縮テープを携帯する事があります。ガイド協会の危急時対応技術講習でも「内半捻挫(外くるぶし側を痛めたねん挫)した時に…」と非伸縮テープで足首のガッチリテーピングを練習しました。

テーピングって、普段あまりしない作業ですから急に処置しようとしても困ってしまいます。ロール状のテープを引き出して、どこから貼る?どのように? 貼り始めたらシワシワになって一度廃棄してまた新たに…なんて。出来れば誰かにやってもらいたい、と処置への抵抗感も高く感じます。

そんな時に既製品の伸縮テープなら、簡単に貼れて処置時間も少なく、テーピングへの抵抗感も少ないのではないか、と思いました。そこで、足首にそれぞれのテープを貼ってみて、固定感(安心感)、貼りやすさ、処置時間、費用面で検討してみました。(文字ばっかりでスミマセン。)

【調査】

写真①

Photo
非伸縮テープでの足首テーピング。大まかに4工程(①アンカー ②スターアップ ③ホースシュー ④フィギュアエイト)があり、ロール状のテープを貼って切って…するのは結構大変です。上手な人はテープを手で切る動作からスマートです!写真はスターアップが終わったところ。細かな貼り方は省略します。

写真②

Photo_2
フィギュアエイトまで施し、完成! テーピングに馴染みのない方が助言を得ながら行うと10分位。貼り方を覚えていると5分位。初めてではテキスト見ても、助言が無いとかなり時間が掛かりますし、仕上がりもメチャクチャになってしまうかもしれません(メチャクチャでも結構固定されている事はあります)。上手くいかないと焦ってきて、抵抗感は高いです。

 

写真③
Photo_3
次に右足に既製品のX状の伸縮テープを貼っていきます。シール状で貼りやすいです。(X状のテープは足首に適しています。他の既製品として膝に適したV状、ロール状のものもあります。)

 

写真④
Photo_4
説明書では伸縮テープを3枚るとガッチリ安定感が得られるとあります。3枚は各々スターアップ、ホースシュー、ヒールロックの役割となっています。写真は2枚目のホースシューを貼っているところです。ちょっと引っ張って非伸縮っぽくするのがポイントです。

 

写真⑤
Photo_5
伸縮テープでの処置終了!所要時間は説明書を見ながらで5分位です。作業に集中すると、あっという間に感じます。簡単に貼れて処置への抵抗感は少ないです。(本当に初めて行う場合は、もうちょっとかかるかも)

 

写真⑥
Photo_6
左足に非伸縮、右足に伸縮。

 

写真⑦
Photo_7
内半捻挫したと想定して、公園の丘や階段で歩行チェック。

重要な固定感ですが、非伸縮テープの方がやはり高いです。伸縮テープは痛みを増強するであろう内半(足の裏が内側を向く動き)は適度に抑えられており、軽症であれば使えそうです。ただし、応急処置として非伸縮テープと比べてしまうと頼りない印象。重ね張りした伸縮テープのガッチリ感を期待しすぎていたかも…。

 

写真⑧
Photo_8
段差で確認。本当に受傷していたら、こんな風には歩けないのですが…。

 

写真⑨
Photo_9
階段でも確認。

写真⑩
Photo_10
テーピングしたままPK練習やミニゲームもしてみました。

【結果と考察】
◆ 値段は、今回使用した非伸縮テープ(38㎜×12m)は400~500円、 X状の伸縮テープは6枚で1600円位。当然ですが非伸縮の方が安価です。

◆ 貼付作業の容易さ、作業の抵抗感の低さは伸縮テープの方が良いです!

◆ 応急処置としては関節の安定、固定感が重要です。作業性も大切ですが、今回の比較では「事前に練習をして非伸縮テープを使用する方が良い」と感じました。ロール状の非伸縮テープは、靴の補修や2本のストックで松葉杖を作る、なんて事にも使用でき汎用性があります。

◆ 応急処置を要する時、つまり急性の炎症が起きている場合は、循環不全を防ぐために足にぐるりと1周巻かずに、一部貼らない部分を作るのも時として必要です(オープンバスケット:テキストやYouTubeなどで見られます)。まったく奥が深くて困りますが、ひとまず一般的な巻き方を知っておくのが良いと思います。

◆ ハイカットのブーツを履いていたら、まず足首の捻挫はしないのでは!?と想像します。実際の統計は分かりませんが、膝への処置の方が実用的かもしれません。

<編者注>
ハイカットのブーツでも捻挫した例をいくつも聞いています。ハイカットとローカットでは捻挫のしやすさがわずかに異なる程度だと考えて下さい。


◆ ハイキング、岩や沢では、ローカットのシューズを履いている人を見かけます。ローカットだと内半捻挫しやすいので、足首へのケアは大切だと思います。

◆ 高価になりますが「X状の伸縮テープ3枚貼りで様子を見て、更に固定感を高めたい場合は非伸縮テープでフィギュアエイトを施す」という合わせ技が、固定感も高く、処置への抵抗感も少なくて良いかも…とも思いました。

| | Comments (1)

« October 2016 | Main | December 2016 »