« 赤岩岳直登と大ナゲシ (Jam! 活動報告 S藤) | Main | ロ-プ 巻き方他(かげろう) »

May 10, 2017

セドの沢右俣(S田)


5月9日表丹沢・セドの沢右俣に行きました。

20170510000509674768743
水無川本谷F1を登った所で右からくるセドの沢に向かいます。

201705100005291531248122
濡れたくないのでセドの沢F1を滝の左の鎖場から超え、すぐにF2です。F2も濡れないように右からへつるように越えました。

20170510000535266413364_2
F2を登るメンバーです。

20170510000544759208378
F2を超えた所で右俣と左俣に分かれます。今回は右俣へ。


201705100005531807029239
F3、3段8m、左から超えます。ハーケンが随所に打ってあり登りやすいです。

201705100006531804583202
F4はまず右に登り岩の挟まった倒木を利用してロープ方向を変えて左に登ります。写真は上からなので右と左を逆にしてロープの流れを見て下さい。

20170510000747477179527
F5は1段目を右のスラブを登り、支点がないので、2段目を登って、滝の上の樹木にロープをフィックス、ロープづたいに1段目の上まで下ってきてロープ上にビレーポイントを作りました。セカンド以後のメンバーはスラブをロープウェイ方式で登り、2段目はフリクションヒッチ方式で登っりました。

201705100007551245328790_2
F6、大滝36mです。写真の左端から豊富にある残置ハーケンを追って登りました。中段のテラスのビレーポイント(写真左上)でピッチを切るよりも25m登って、立ち木下のテラスまで登ってしまう方が安全度が高いです。

立ち木下のテラスは2カ所ビレーポイントがあり、総計で7本のハーケンが打たれています。スリング等で7ヶ全部つないで強い支点を作りました。ハーケン2本をつないだのみでビレーポイントにしてしまうリーダーを頻繁に見かけています。ハーケンが抜けた経験を数回している筆者は、なんとか「丈夫な支点を作るべきこと」を広く伝えたいたいです。

ロープウェイ方式(折り返しタイプ、折り返さないタイプ)、フリクションヒッチ方方式、渡渉とへつりのロープワークなどなど、沢登りのロープワークは合理的に考えぬかれたものです。「丈夫な支点作り」を含めれた「沢登りのロープワーク」を広く伝えたいです。

201705100008061668807000
立ち木下のテラスから右岸の巻き道をたどり、再び沢に下る。右から来る枝沢に入り10mほど登る。枝沢左岸の急な泥壁を木の根をつかんで尾根上登りました(状況によってはロープを出した方が良い泥壁です)。そのまま尾根をつめること30分で政二郎尾根に出る。政二郎尾根を下って戸沢出合いに下山しました。

|

« 赤岩岳直登と大ナゲシ (Jam! 活動報告 S藤) | Main | ロ-プ 巻き方他(かげろう) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 赤岩岳直登と大ナゲシ (Jam! 活動報告 S藤) | Main | ロ-プ 巻き方他(かげろう) »