« 湯檜曾の湯蔵山(松浦) | Main | 沖縄の岩場(M岡) »

June 28, 2017

稲子岳南壁・左カンテルート(S田・K林)

週末に稲子岳南壁・左カンテルートへ行ってきました。
快晴とまではいきませんが、梅雨の時期としてはとても天候に恵まれました。
稲子湯唐沢橋登山口のゲート近くの駐車場に車を停め、しらびそ小屋(みどり池)を経由して左カンテ取付きへ。
登攀後、稲子岳山頂、ニュウを経由して駐車場に戻ってきました。

左カンテルートは、Ⅲ・Ⅳ級程度ですが、砕けた岩が堆積していたり、掴むと動く岩が多く、慎重さが必要です。
登攀時は先行パーティがいたこともあり、またロープの流れ・落石防止のためにもピッチを短く切りました。
各ピッチの終了点にはボルトが整備されています。先行パーティに追いついた場合には、岩にスリングを掛けたり、カムを使用してビレイ点を構築しました。

①駐車場のすぐそばのゲートからスタートです。林道・登山道をしらびそ小屋方面へ向かいます。
Ph001_2

②しらびそ小屋に着くと、みどり池の向こうに東天狗岳が見えます。
Ph002

③みどり池を右に見ながら少し進むと、稲子岳とその岩壁が見えてきます。
Ph003

④しらびそ小屋から中山峠方面へ約20分ほど歩くと赤テープがあります。ここから、登山道を外れ稲子岳方面へ向かいます。
踏み跡はほとんどありません。木々の隙間から稲子岳の岩壁が見えるので、これを目標に。
Ph004

⑤岩壁の基部近くに目印となるテープがありました。写真の中央上部にテラスがあります。
Ph005

⑥テラスは黒と黄色のテープが目印になります。
Ph006

⑦1ピッチ目:写真では分かりませんが、取付きに赤いハーケンがあります。登っているのは先行パーティです。
Ph007_3

⑧2ピッチ目:浮石に注意しながら登ります。写真は2ピッチ目の最初の部分です。
Ph008_2

⑨3ピッチ目:ロープは先行パーティのもの。このピッチから、堆積した岩が気になります。
Ph009_2

⑩4ピッチ目:写真上部は、左のクラック(写真中央)を登りました。右側は今にも岩が落ちてきそうです。
Ph010_2

⑪5,6ピッチ目:先行パーティに追いつきそうなので、大岩にスリングを掛けビレイ点を構築してピッチを切りました。(写真は今回の6ピッチ目)
Ph011_2

⑫最終ピッチ:中央のクラックの少し左側が登りやすいです。ここは右から回り込んでも抜けられます。
Ph012_2

登攀終了後は、稲子岳頂上、ニュウへと向かいました。踏み跡が残っている個所もありますが、踏み跡がないところも多いので地図読みが必要です。

|

« 湯檜曾の湯蔵山(松浦) | Main | 沖縄の岩場(M岡) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 湯檜曾の湯蔵山(松浦) | Main | 沖縄の岩場(M岡) »