« アイススクリュー,刃先研ぎ(かげろう) | Main | 長すぎるアイゼンバンドの末端処理(K下) »

November 08, 2017

奥多摩・石津窪(S田)

盆掘林道は千ケ沢林道分岐の100m手前で土砂崩れしていた。車をその手前で置き出発した。千ケ沢を右に見て、写真手前の橋を渡り、数百メートル行った所の赤布目印の所から入る渓した。
Photo_6

入渓点付近は小さく穏やかな沢に見える。
Photo_7

すぐに登攀的な滝が現れる。
Photo_21

2段
の滝10mだ
Photo_23

人数6人と多かったのでロープを2本出して交互に登る(3人パーティで登ったと同じ時間になる)。
Photo_24

いよいよ大滝だ、写真は大滝下部を上から見た所。
Photo_12

大滝中段には残地のハーケンがいくつかある(上段にはない)。
Photo_13

細かいホールドをカチ持ちで突破。
Photo_14


上段は水流部をシャーワークライミング(水流の左に抜ける)。
Photo_15

大滝の上にも滝が出て来る(ロープ出さずに快適に越える)。
Photo_26

終了点にはなぜかケルンが積んである。
Photo_17

ケルンから右岸の尾根に上がり、尾根をそのまま下る。前半はしっかりした踏み跡があるが、後半は踏み跡が消えて30度以上の急斜面になる。懸垂下降8回で石津窪出合に戻った。
Photo_18

盆掘林道を車まで戻る。
Photo_20

|

« アイススクリュー,刃先研ぎ(かげろう) | Main | 長すぎるアイゼンバンドの末端処理(K下) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« アイススクリュー,刃先研ぎ(かげろう) | Main | 長すぎるアイゼンバンドの末端処理(K下) »