« 高尾山・小下沢(K林) | Main | 大滝沢下部・沢登りのロープワーク教室(写真:M井) »

August 16, 2019

「湯檜曽川 高倉沢右俣~尾根ルートで高倉山へ」 Jam!活動報告

    2019年8月11日
 昨年、高倉沢左俣を遡行し今年は右俣です。今回は、山頂へのツメでよく登られているルートでなく、ひとつ南の尾根ルート(地形図の赤丸)に挑戦してみました。

写真1 標高1100m程度まで沢筋を遡行し、そこから赤丸の尾根に向かいます。山頂(1448m)までの標高差は約350m、その間はかなりの藪漕ぎ必至です。頑張れJam!
1

写真2 二俣までは昨年のルートと一緒です。
Photo_20190816074701

写真3 茶色の岩はよく滑るので、慎重に歩きました。
Photo_20190816074702

写真4 二段の滝  フィクスロープのある左側を巻きます。
Photo_20190816075801

写真5 こんな感じの所を涼しく歩いているのが丁度いいです。
5

写真6 二俣を右へ。 
Photo_20190816074704

写真7 トイ状の滝。ここは巻かずに登ってみました。今回は全般にO部さんがリードしてくれました。
Photo_20190816074801

写真8 後続のS藤
Photo_20190816074802

写真9 水が枯れてきて、そろそろ尾根を目指す地点に近づいてきました。
Photo_20190816074803

写真10 沢筋から意を決して抜け出し、藪漕ぎ開始です。この辺りは急傾斜で足元は崩れやすく、ずっと四つ這いです。木や枝もまばらなので、マシダや草の根元をそっと掴んで、慎重に登りました。
10_20190816074801

写真11 木が多くなってくると滑落の心配は減少しますが、ほんとに密な360°の藪です。標高1200m位からシャクナゲが増えてきて、あいつの枝は進む方向をネットのように塞いでくれます。はぐれないように、また滑っても止まるようにアンザイレンしています。
11360

写真12 赤丸の尾根(仮称)の手前の雨裂的な岩稜。傾斜と岩のもろさで、とても立って歩けません 。なんだか、ずっと四つ這いです。
12_20190816074801

写真13 尾根に出ました。藪漕ぎを開始して、ここまで1時間半。時速100m位です。藪で疲れていたので、明るい尾根は気分転換させてくれます。
13_20190816074901

写真14 尾根には全く踏み跡がなく、ひしめき合った樹木をかき分けて進みます。地図読みではもっと広い尾根を想像していましたが意外とやせ尾根で、足元に地面があるか枝をかき分けて確認してから一歩を出すようにしました。

写真が無いのですが、やせ尾根上に高さ5m程度の岩の壁が出てきます。左右切れ落ちているので、巻けなかったらアウトだ…とヒヤヒヤしました。O部さんが右(北)側の弱点を上手くついて1段上の尾根に上がり、突破してくれました!初見で、人の入ってないルートは怖さも感じます。
14_20190816074901

写真15 やせ尾根が終わる辺りで、また暗く背の高い藪に入っていかざるを得ません。今日のO部さんは始終リードを買って出てくれて、ブルドーザーのようなパワーがありました!藪漕ぎスキル超アップです。

 3m離れると相手が見えなくなります。こんな場所を歩けるのもGPSのおかげです。現在地と進む方向が分かることで不安の中でも安心感を得られながら進めます。あと、仲間の存在が絶大です。一人だったら泣いてました、きっと。
15_20190816074901

写真16 藪漕ぎすること3時間…這い出るように登山道へ。今回のルートは高みを目指していけば、高倉山~湯倉山への稜線の登山道へ出られます。
16_20190816074901 

写真17 昨年に続き、花とおじさん。
17

行程が短く、稜線登山道のどこかに出られるという点で難易度的に低く、私達でも行けるだろう…と計画しましたが、実際に山行してみて、人の入ってない初見ルートの難しさと怖さを感じました。個人的には、踏み跡のある「一ノ倉尾根を国境稜線に抜けるルート」よりも大変に感じました。 
 今回の山行にどんな意味があるのか分かりませんが、M浦さんの言われている「なんとか突破する」経験をひとつ増やせたのと、かなりの藪でも驚かない…という点で昨日の自分よりは少し成長できたように思いました。

 

|

« 高尾山・小下沢(K林) | Main | 大滝沢下部・沢登りのロープワーク教室(写真:M井) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 高尾山・小下沢(K林) | Main | 大滝沢下部・沢登りのロープワーク教室(写真:M井) »