« 登山の自粛は必要?(国際山岳医・登山ガイド千島康稔) | Main | プチ技6 スリングたすき掛け携行(S田) »

April 30, 2020

自宅でのトレーニング(I東)

Itou
 お持ちの方もいるかと思いますが、メトリウスのロックリングス。1年ほど前、クライミングの保持力を鍛えるためにぶら下がり健康器と一緒に購入し、山やジムの合間に、週2回くらいトレーニングに使っていました。
 その後、半年くらい経ってからは忙しさを言い訳にもっぱらハンガーラックと化していましたが、ここ最近の山へもジムへも行けない状況により、久々に現役復帰となりました。諸々の自粛解除後すぐに山へ行けるよう、休日の夕方は筋肉痛づくりに励んでいます。
 ただ、メーカーHPで紹介されているトレーニングプログラムは、ハード過ぎて初級者には参考にならないため、私は以下のサイトのプログラムでトレーニングしています(持ちやすい順にテッペンのガバを1、一番上の4本指エッジを2、中間の3本指エッジを3、としています/最下段のポケットは無視)。
https://www.poznen.net/entry/bouldering-training-menu
 このトレーニングは実際に効果があり、購入後まじめに取り組んでいた時には、サイトで謳うとおり、ボルダー3級が少し登れるようになりました(ただし、サボったらすぐに登れなくなりました)。ロックリングスは値段も4千円と手頃ですし、(頑丈な)壁にも直接取り付けられるので、保持力の強化以外に、懸垂で体幹を鍛えたい人にもオススメです。
 なお、私は先ほどワンセット済ました後、久々に4kmの軽いランニングをしてきました。以前、途中の公園には壊れたボルダー壁があったのですが、なんと修理され直っていたため飛び付いてしまいました。気をつけないと、ロックリングスはまたハンガーに埋もれてしまうかもしれません。

|

« 登山の自粛は必要?(国際山岳医・登山ガイド千島康稔) | Main | プチ技6 スリングたすき掛け携行(S田) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 登山の自粛は必要?(国際山岳医・登山ガイド千島康稔) | Main | プチ技6 スリングたすき掛け携行(S田) »