« 伊豆城ヶ崎海岸・富戸エリア03.12/7 | Main | 星穴岳居抜穴からの懸垂の支点(M浦) »

October 30, 2020

湯沢パークスキー場スキー合宿04.1/17~18

1月17日早朝東京発、マイカーにて関越自動車道路をひた走り、湯沢パークスキー場に午前12時ごろ集合しました。さっそく、Nさん(SAJクラウン取得に兆戦中)によるスキー技術講習会を開催しました。
テーマ=外足(谷足)一本のスキーにしっかり乗って、身体の自然に落下する力を上手く利用してターンする。
・外向傾
・体重(重心)の移動(上下&左右)

01170009
Nさんはやわらかい言葉で的確で、一人一人に合わせる感じで説明します。

01170010
外向傾で外側の足に力がかかている姿勢のデモンストレーションです。

01170014
みんなでNさんのデモに従って練習。

01170015
体重移動の練習をたくさんしました。

01180061
宿泊は旧知のタカナミヒュッテ、山小屋なんですが民宿の設備があります。内装を新しくしてきれい、食事もいいです。お風呂は一つだけ、3人入れる大きさです。2食付6,500円


1月18日、前日偵察しておいた、リフトが動いてなくて手付かずの新雪が積もっているゲレンデをシールを使って登りました。下りはもちろんシールをはずしてパウダースノーを蹴散らしての滑降です。

その後、再びNさんのスキー技術講習会、ボーゲン、シュテム、パラレルと進みました。スキーのズレにしっかりと乗り続け、ターンとスピードをコントロールするというSAJの基本ながらも最新の考え方に基づいての練習です。それはバックカントリーを目指す技術でもあります。

01180001
張り付けシール、トップで引っ張るタイプ。

01180002
シールがはれました。

01180003
新雪の斜面の登りは楽しいです。

01180014
高度を上げつつ大斜面を登ります。

01180018  
ゲレンデを抜けて、タンネの森に入って登りを終了しました。ここからシールをはずして滑降しました。

01180034
新雪を滑るのはなんとも壮快です。

01180043
再び、N氏に講習をしてもらいました。飯士山(いいじさん)が中央に写っています。

01180055
学ぶということはほんとうはとっても楽しいことです。アットいう間に15時、16時30分までフリーで滑降して合宿を終了しました。

|

« 伊豆城ヶ崎海岸・富戸エリア03.12/7 | Main | 星穴岳居抜穴からの懸垂の支点(M浦) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 伊豆城ヶ崎海岸・富戸エリア03.12/7 | Main | 星穴岳居抜穴からの懸垂の支点(M浦) »