« January 2021 | Main | March 2021 »

February 26, 2021

日和田と鷹取の集まり状況を一覧表示するページを作りました。(Timtam事務局)

感染症対策ということで、教室の定員を少なくしています。それで、日和田山の岩場とか鷹取山の岩場の講習会がすぐに定員になってしまっています。そこで、教室への集まり状況を一覧表示するページを作りましたので、ご利用下さい。もちろん、その一覧表示するページから日和田&鷹取の参加申込が出来ます。

Jm1_20210226153601
講習会の予定カレンダーの定員になっている所の下にボタンがあります(赤丸の所)。

そのボタンをクリックすると、日和田&鷹取 検索(集まり状況一覧)ページに行きます。鷲頭山の岩場と鹿沼岩山の教室が企画されている場合は付録として表示されます。

以下の枠内、見てみて下さい(枠内には戻るボタンが無いので,リンクに飛んでまた戻る時は、ブラウザの戻るボタンを押して下さい)。 4月に鷹取がないのは花見に来る人で混雑するためと、旅行社の岩登りツアーが毎週のように予定されるためです(本年は?ですが)。

| | Comments (0)

February 17, 2021

岩登り以外に山のトレーニングってあるんですか!(松浦)

絶対に落ちられない高い所にいたり、高くなくても切り立った岩場5メートル以上を登る場面に遭遇したりすると、私達は腰が引けて岩壁側にもたれかかるようになりがちです。

腰が引ける程度は個人差がありますが、脳からの本能的な命令によるもので避けることが難しいです。

Iwatore

図の左の棒人間のように腰が引けてしまうと
'1)足のつま先から踵の方に向かう方向(=足が岩を滑り落ちる方向)に力(体重による)がかかってしまいます。
'2)足で体重を支えるのが大変なので、立っているだけで腕力を消耗して行きます。
'3)下方向にわずかにしゃがんで、次の手がかりを取りに行くような動作をすると足が滑ります(足を使って登れない)。
'4)腰をコントロール出来ないので、足を踏み出す前に片足で立つことが出来ません。片足なら60Kgの力(体重60Kgの人の場合)ですが両足均等加重になって30Kgつまり摩擦力が半分しかない分を手で支えることになります。

'5)一歩上に足を踏み出しても、腰が引けてしまい、出した足の真上に体重を移動させることが出来ません。
'6)結果として、しっかりした手掛かり(加えて幅が数センチもある平な足場)がないかぎり先に進むことが出来ません。
'7)両手で体重を支えがちなので、ロープを操作することが大変になります(中間支点の回収や
懸垂下降のセットに手間取るなどなど)。

図の右の棒人間のように立ちたいものです。そのためには
「その方が良かったこと」
を脳に教えこまなければなりません。
「岩登り以外に山のトレーニングってあるんですか!!」
日和田によくいるM田先輩に言われました。
申し訳ないことに、
『山のための体力的なトレーニングのことじゃなくて、バランス感覚を
脳に教えこむためのトレーニングのことなんだ!』
とわかったのは言われてから何年も後(10年以上かな)のことでした。今だったら、
「スキーかスケートみたいなトレーニング!」
とか答えるかな・・・?
*山を定期的に歩いていても上半身の筋力や持久力の形成は不十分です。それを補うためににも岩登りは有効です(上半身を積極的に使うので)。

「その方が良かったこと」が脳に教え込まれる(or刷り込まれる)までのトレーニングの量や時間はものすごく個人差があります。1回とか2回でOKの人もいれば、何十回の人もいます。前者の人は岩登り自体が好きになりどんどん岩場での姿勢が良くなって行きがちです。
『才能とは、人よりほんのすこし簡単で、ほんのすこし努力出来ることです。』昨年の朝ドラエールで言ってました。

後者の人は岩登りトレーニングが好きになれず、それを中断してしまいがちです(負のスパイラル)。

剣岳・西穂~奥穂・前穂北尾根・北釜尾根・・・といったルートは初心の登山者間の頻繁な話題です。なので、行きたいと思う人が多いです。連れて行ってくれる人も多いし、ツアー登山もあちこちで企画されています。

後者の岩登りトレーニングを中断してしまいがちの人がそういうルートに行きたいと思うならば、がんばって中断しないでほしいです 。リーダーはロープをつないで守ってくれますが、全行程でロープを出すことはないです。図の右の棒人間のように岩に立てるようになっていると 安全度が格段に高いし、怖さが適度に小さくなります(まったく怖くないのはかえって危ない)。

図の右の棒人間のように岩に立てるようになると、体重移動とか手がかりの効く方向にムーブを起こすとかが出来る可能性が高まります。埼玉高麗・日和田山岩場の男岩西面のステミングフェースルートとか神奈川追浜・鷹取山の岩場の電光クラックルートが登れるようになるのは時間の問題です。

「何回トレーニングすればいいでしょう?」岩登り苦手タイプの方の質問です。
「2~3回、日和田に来ればいいですよ!」という答えをよく聞きますが、その答えは個人差を考えていませんからNGです。
「14回(84時間)以上、2週間以上の期間を開けずにトレーニング」という方が正解に近いです。それでも足りなくて、、、
「20~30回」と提案したいです。

<参考:20~30回にするために>
*クライミングジムでのトレーニングを利用されると効率的です。
*「怪我しやすいから、同じ課題は1日3回まで!」と関東地方で最初(1992年)にジムを開設されたWKさんに教えられました。

*がんばっても登れない課題の方が多いでしょう・・・。「ジムトレの目的を、登れるグレードを上げるのでなくて、バランスの取得におく」と考えるようにすると良いと思います。ちなみに、松浦は「ガンバ!」と言わないようにしています。

Image_20210217203601
埼玉高麗・日和田山の岩場・男岩一般ルートの出口クラック、まずここがゆとりを持ってクリアできるようになりましょう。岩登り未経験者の場合、4人に1人くらいは初見でクリア、残りの3人も数回でクリア出来る可能性高し!!。

| | Comments (0)

February 13, 2021

マイカー登山の勧め(松浦)

12/29(火)早朝6時30分ごろ、西丹沢寺の沢の講習会開催のため、東名高速横浜青葉出口手前100mぐらいの所を走行していました。突然、前面のボンネットの所でバタバタバタという音がしましたので車を左に寄せて停めてエンジンを切りました。運よく、丁度、出口車線に入る所だったので、後から来る車に追突される心配の少ない場所でした。エンジンを切ったとたん、ボンネットから黄色みががった煙がブワーッと出ました。すわ、火災かと思って、飛び出そうと思ったら、煙が出るのがすぐに止まりました。

『さて、どうしようか・・・』しばらく呆然。
まず、寺の沢講習会参加者に電話連絡
「本日は中止なので、その場から戻って」
車で来てるはずのI氏に
「横浜青葉出口に来て!!ダズゲデ」

全員に連絡が取れた頃にI氏が到着、松浦車の前に車を停める。車の保険会社に連絡、レッカーで修理工場に運んでもらいました。松浦はI氏の車に乗せってもらって帰宅。

松浦車が壊れてしまったので、12/30夜から2021年1/4夜までレンタカーを借りました。

12/31鷲頭山岩登り教室を実施、夜は車中泊しました。松浦車だったら板を敷いて真っ平にして寝れるのですが、レンタカーは座席が平にならなくて板が敷けず、リクライニングシートいっぱいに倒して、座った形で寝ました。もちろんシラフに入ってます。ちょっとつらいでした。

1/1翌日の新崎川沢登り教室のために、レンタカーを駆って沢の終了点を偵察に行きました。新崎川は源頭部のすぐ上に道路があって、車が駐車出来る場所もあって便利です。東京起点沢登ルート100ではバスが利用出来ると記載されているのですが、その路線は昨年廃線になってました。夜は湯河原幕岩の近くで1人テント泊、平な場所で背中を真っすぐにして寝れてうれしかったです。

1/2新崎川講習会、終了点に松浦レンタカーを置くとという方法を使いました。登りだけで、下山は車、リッチな沢登りでした。夜は昨日に続いて湯河原幕岩の近くでテント泊。焚火をしたい所でしたが冬は樹木が乾いているので止めにしました。

1/3湯河原幕岩悟空スラブでアイゼントレーニング講習会を行いました。終了した頃に。幕岩公園近く新崎川左岸にある民家が火事になりました。消防車がたくさん来ました。鎮火を待って、テント撤収、帰宅しました。

1/4松浦車修理の代車が修理工場から届きました。

1/5~1/6冬テント泊と水無川本谷下部アイゼントレーニング教室、修理工場の代車が活躍しました。

1/9松浦車の修理が完了しました。エンジンのファンベルトの所のベアリングがロックして回転しなくなりファンベルトが切れたのでした。修理費4万3千円、レッカーの移動代は車の保険が効いて無料でした。

車が壊れてみて思いました
『ものすごく、車に頼って山に行っていたんだ!車がなかったら、バリエーションルートに日帰りするのはとっても難しいんだ!』

、、、、、、、、、、

路線バスが通っていないとか通っていても本数の少ないようなアプローチの山に行く方法を以下考えました。
1、マイカーで行く or 地道に歩いて行く。
2、マイカーを持っている人に車を出してとたのむ or メンバー全員でがんばって歩く。
3、マイカーを持っている人の計画にちゃっかりついて行く。
4、登山のツアーや山岳ガイド企画する講習会でよさそうなのを選択して参加する。

方法1は本稿のテーマです。

方法2は何回も頼むのは気が引ける or 何回も歩いてくれない。

方法3と方法4は自分で計画して行く山ではありませんから、行くか戻るかの決定権が無いか、あっても少ないです。
*お金を払って連れて行ってもらう登山(ツアー登山,ガイド登山)では「天気が良くないのがわかっていても出発して、『これでは進めない』を勉強してから戻る」なんてことも多々あります。戻ることは重要な登山技術でよい経験になりますが、でも、自分に決定権があるならば、始めから出発しないで、よい天気の日程を見て出発することが出来ます。

、、、、、、、、、、 

マイカーで山に行けるようになるには地道な下準備がいります。まずは、運転免許をとりましょう。「車に乗せてもらって山に行ってる時、運転変わりましょう!」と言うのが事始めです。

車のある人はスタッドレスタイヤ4本セットをそろえて下さい。

次に買う車は、山に行きやすい車種であるかどうか、を選択の基準に加えます。

車のない人はまずは車を手に入れることを目指しましょう(軽自動車なら高速道路2割引、維持費も安いです)。その車は座席を倒すと真っ平になるやつにしましょう(その上に板を敷いたら完全に寝床になります)。4輪駆動、だめなら前輪駆動の車がいいです。

たくさん山に行った軽のフルタイム四駆
Img_24327

| | Comments (2)

February 01, 2021

日光切込湖、刈込湖(S重)

テントが風で飛ばされました。
21020107233815

21020107233869

| | Comments (0)

アイススクリュ-保護チュ-ブ(かげろう)

材料 透明ビニ-ル管(内径22x外径26mm、ホームセンターで1m350円)
   3mm補助ロープ
   コードロック

アイススクリュ-埋め込み長さ+1.5cm程度でカット、端1cmくらい下に4mmドリル穴をあけて、補助ロープとコードロックで固定する。

完成重量 11cm用30g 17cm用40g
     19cm用45g
メリットはあまりないかもしれません(保管の際、個別に保護できる、透明なのでサビや刃先消耗等確認しやすい)。

使用頻度の低い長いスクリュー(19や21cm)はこれに収納しておき、Vスレッド等構築する際に取り出す(ぶら下げているだけが多いので保護したほうがいざという時に埋め込みやすいかもしれません)。
21013013322230

| | Comments (0)

« January 2021 | Main | March 2021 »