« February 2021 | Main | April 2021 »

March 25, 2021

栃木・那須岳3/24(写真O野S崎、文M浦)

Photo_20210325105001
駐車場から20分ほど歩いて登山口の鳥居をくぐる。

Photo_20210325105002
春の一般登山道は登山者の踏みつけ等で凍っていることが多い。

Photo_20210325105101
1本目の休憩地点、風が強いので、鳥居をくぐったらすぐにアイゼンを装着した方が無難だった。アイゼンをつけないで避難小屋まで行くのを目指したが、雪の斜面を滑り落ちそうでNG、この先でやや強い風が吹く中でアイゼンを装着した。森林限界の前でアイゼンを履くというセオリーに従わなかったので、しっぺ返しをくらったようだった。

Photo_20210325105102
強い風で雪が吹き飛んでいる所も多い。

21010417040498
峰の茶屋避難小屋

Photo_20210325105301
雪田は風がなかったら良いアイゼントレーニングの場所だが、ロープで確保すること。

Photo_20210325105401
今回は噴火口を半時計回りに回って山頂へ向かう。

Photo_20210325105501
山頂からもと来た道まで、さらに半時計回りに回って下山した。

Photo_20210325105502
山頂からの景色

21010510001342
朝日岳東南稜ルート図

型の気圧配置でジャンジャン雪が降って、前夜発日帰りでなくて早朝発日帰りが出来る雪山登山のコースを探すのは難しいです。これまで開催されたTimtam&Cueの雪山教室(こちらのページ)を見ても数えるほどしかありません。栃木の那須岳(1917m)はその条件を少なからず満足する数少ない雪山の一つです。

須岳はロープウェイ駅前駐車場(那須高原線道路は春分の日以後に開通)から40分は森の中を歩きます。森林限界を超えてから2時間強の行動時間で山頂を往復します。日本アルプスの3000メートル登山でも縦走でないならば森林限界上を歩く時間は2時間強の所が多いですから、よい練習になると思います。最も風の厳しい所には風よけの避難小屋が設置されていることもうれしいです。
(1)運良く風の弱い日に登れたら、途中の雪田でアイゼン歩行の練習をたっぷり行いましょう(初心者はロープで確保のこと)。
(2)風の強い日は速攻登山に切り替えて下さい。早い時間に下山してしまいますがそれはそれで素敵な体験と思って下さい。のんびり体を休めて来週も山に行きましょう。
(3)吹雪の日は森林限界を出て10分歩いた所あたりで引き返して下さい。吹雪になるのは事前にわかるのではじめから自宅から出発しない方が良いですが、それでも、那須岳を登り出してしまったら仕方なし、無理しないで引き返しましょう(避難小屋付近で数メートル飛んだ人を見たことがあるほどです)。厳しい風雪の中に20分いるだけでよい体験になると思います。
(4)バリエーションを目指す方は朝日岳東南稜の取り付きとコースを一望しておくと良いでしょう。 避難小屋に行く登山道の途中4番の黄色い標識の所から下り、ミョウバン沢を渡って尾根に取り付きます。帰り道の朝日岳から避難小屋に向かう一般登山道は、風下側の吹き溜まりを通過するので、雪崩に注意が必要です(筆者はその場所で30mほど雪崩に流されたことがあります)。朝日岳東南稜にはTimtam会員4人がそれぞれ別の日に行ってます。

林限界を超える雪山で使用する用具がピッケルです。那須岳一般コースならストックでも行けますが、勉強なのでピッケルを持って行きましょう。ここ那須岳に限らず雪山入門コースでは、ストックとピッケルの両方を持っている人によく会います。ストックの用途はピッケルで兼ねることが出来ますから、森林限界を超えるような山では初めから持って行かない方が良いと、筆者は、提案しています。ストックの重量と容量があれば、ツエルトとボンベとコンロと非常食が持てます。「足が弱いからストックを持つ」と言う方がいますが、その弱い足(たぶん体力も弱い)で森林限界を超える雪山に行って良いかは考えるべきことです。

ーププウェイで森林限界を超えられる雪山に(良い天気の時だけを狙って)行くことが多い方をよく見かけます。木曽駒・谷川・上州武尊・西穂・唐松などです。ロープウェイやリフトでいきなり森林限界の上に出るのは体や用具の準備が出来ていない分「天候の変化い弱い」という点をわかって出かけるようにして下さい。

| | Comments (0)

March 22, 2021

13回繰り返して身につける(松浦)

始めは登山の話ではないのですが、読んで下さい。
16歳~17歳のころ、
「勉強の仕方がわからない!」
といことで悩んでいまでした。一つ年上の従兄に勧められたのがきっかけで、「旺文社の大学受験ラジオ講座」を聞いて、少しだけ悩みが減ったことを思い出します。古い記憶に重ねて、以下を書きます。

ラジオ講座数学Ⅰは勝浦捨蔵先生が担当しておれれました。そういう立場だったので、多くの受験生の不安に、日常的に、接しておられたと推察します。勝浦先生のラジオ講座ではほとんど毎回、20分の放送時間の4分の1ぐらいが、雑談(受験勉強のやり方含む)でした(歌を歌い出したりすることもありました)。その雑談で、なぜか、なんとなく気持ちが楽になるが常でした。

以下に勝浦先生が、雑談の中で、勉強の仕方について言われていたことを書き出してみます。
(1)たくさんの勉強法に手を出してはいけない。
学校の授業、予備校、ラジオ講座、家庭教師・・・いくつか掛け持ちしても、どれも中途半端になって身につかないから、どれか一つに絞りなさい、君はラジオ講座を聞いているのだから、ラジオ講座一つに絞って勉強すればいいんだ。ラジオ講座にない科目の勉強は、学校の授業とその教科書だけに絞って勉強すればいいんだ。

(2)参考書は参考にするだけの使い方をする。
参考書は参考になることがたくさん集められていて分量が多すぎる。その時に必要のないことも書いてある。それを1から読んでいたら時間が足りない。参考書はあくまで参考にする、必要な場所だけ拾い読みすればいいんだ。

(3)今日勉強したことを大切にする。
今日に5つのことを勉強して、明日に新たに5つのことを勉強しても、8つ忘れて2のことしか身に付かない人の方が多いよ。そんな(多い方の)人でも、今日に5つのことを勉強したら、明日に同じ5つのことを復習すれば、1つは忘れるけど4のことが身に付けられるんだよ(その可能性が高いんだよ)。

(4)くりかえし13回同じ問題を解く(数学Ⅰの場合)。
次から次へと新しい問題に取り組んでも深い理解につながらない、ラジオ講座でいっしょに勉強した問題を(同じ問題を)、日を変えて、くりかえし解くこと。13回くりかえすと良いよ(なんで13回なのかは勝浦先生は言わなかった)。

ここからが登山の話です。
登山教室Timtam&Cueで登山技術を身につけようとされている皆さんに、勝浦先生の勉強法を重ねてみます。
(1)たくさんの趣味に手を出してはいけない。
登山の他にマラソンとかゴルフとか音楽とか、掛け持ちでは登山技術は身につきにくい。
*登山はどんなに注意をしていても事故が起きる分野、登山に集中しないのは危ない。

(2)山の人のアドバイスは参考にするだけで鵜呑みにしない。
いろんな人がいろんなことを言うから、科学的に考えて正しいものを選ぶ必要がある。アドバイスをくれる人は、その人の山の経験を元にして話す。それは自分には合ってなかったり、すこし違っていることも多い。中でも、「絶対○○すること」なんていうアドバイスは要注意だ(絶対でないことの方が多いものだ)。

(3)今日学んだことを繰り返し練習する。
山の技術を学んだら、街に帰って何度も何度も反復練習する(だれも見てない所でこっそり練習する)。例えばクイックドロー(ヌンチャク)を自分の部屋の入口に吊るし、そこを通るたびにクリップの練習をする。そういう秘密練習に裏打ちされて、中級の登山者になれる。コソレン(秘密練習)なくしてリードなし。

(4)13回日和田鷹取に行く 1級の沢13本と富士山の雪上訓練毎年をプラス
南北中央アルプスのような体験の素敵さを追求する山々は、一度行けばそれでいい(もちろん何度行ってもよい)。でも、技術を学び研究する近場の山へは、繰り返し行かなければその目的を達成することは出来ない(反復練習で技術は深く理解され身に付いて行く)。日和田鷹取は13回でもまだ少ない、Timtam&Cue会員は、いや、会員でなくても、定期的に行くようにしてほしい。混雑してない8月(暑い)とか、1月(寒い)なんかに日和田鷹取に行くくらいのやる気が欲しい。
*日和田か鷹取が遠い人は鹿沼、鷲頭
、青葉などで良い。
*森林限界を超える雪山に行くならば、毎年、雪上訓練をかかしてはならない。
*1級の沢の例は、マスキ嵐沢、鬼石沢、大滝沢下部、葛葉川、源次郎沢、小草平の沢、勘七の沢、谷急沢、白水沢、水根沢、しだくら沢、真名井戸沢、小雲取谷、などだ。同じ沢に何度行ってもよくて、同じ沢なのに、毎回のように新しい学びに出会うはずだ、沢登りは登山技術のデパートだから。
<追伸>沢ではなるべく濡れないように行動したい。シャワークライミング体験ツアーと間違えてはならない。

↓机上講座も13回受講する(原宿から遠い方は別の方法を工夫)。

Img_0879

| | Comments (0)

March 18, 2021

個人山行募集 上越・白毛門/松の木の頭(M輪)


<個人山行/雪山登山>
上越・白毛門/松ノ木ノ頭
*Timtamの個人山行は山行中は参加の各人がリーダーと同値の責任を持つ山行です。その責任を持つ手段の一つとして、申し込み者の一人一人が登山計画書を出していただきます(参加人数分の登山計画書が出される)。
*土合橋から白毛門への登山道を、 松ノ木ノ頭までを目指して往復します。残雪の谷川岳東面や白毛門の沢の上部が見渡せると思います。日帰りで歩き始めが遅いので、松ノ木ノ頭までの往復です。
期  日
2021年4月11日(日曜日)
集  合
JR土合駅出口、8:45
集合方法
東京駅06:36発-新幹線-上毛高原07:52着-バス-土合駅前08:43
行動予定
JR土合駅前-土合橋-松ノ木ノ頭-往路を下山-土合橋-JR土合駅前
企  画
M輪・I藤
募集定員
3名ほど(Timtamの会員で松浦代表の許可を得た方)
必携用具
ピッケル、アイゼン等雪山装備
その他
・ゆっくりペースで歩きますので、それを受け入れて頂ける方
・M輪もしくはI藤と一緒に講習会に参加されたことがある方

…白ヶ門山/松の木の頭に申し込む手続を開始します。


松の木の頭から見る谷川岳東面
Shira-002

| | Comments (0)

March 04, 2021

定員になっていない日和田と鷹取を検索が簡単に出来ます。(Timtam事務局)

トップページの赤丸の所をクリックして下さい(下写真の左:パソコン表示 右:スマホ表示)。 
 Hita3

以下の枠内ように検索されます(枠内には戻るボタンが無いので、リンクに飛んでまた戻る時は、ブラウザの戻るボタンを押して下さい)。また、検索されたページから申し込みも出来ます{□にチェックを入れて(複数可)「手続きを進める」を押す}。

 

| | Comments (0)

March 03, 2021

「ムーブ」一覧に目次をつけました。(Timtam事務局)

Timtamのホームページの「岩登りノート」の1番目の項目は『ムーブカタログ(=「ムーブ」一覧)』です。

野球やサッカーなどの団体競技のプレー(体術にかかわる基本動作)に比べたら、岩登りのそれ(ムーブ=下の枠内で説明)で、名前がついているものは、かなり、少ないです。でも、呼吸法とかイメージトレーニングとか、ちょっと関係ないと思われるのまで含めて書き出していたら、34個に増えてしまいました。なので、目次をつけて個々の説明に到達しやすくしました。

文章による説明だけではわかりにくい項目なので、これからも”地道に写真を集めて”更新して行きますので、時々ごらんいただけたら幸甚です。

以下の枠内、見てみて下さい(枠内には戻るボタンが無いので,リンクに飛んでまた戻る時は、ブラウザの戻るボタンを押して下さい)。


それではクイズです。下の写真は何という「ムーブ」の開始点でしょうか? また、何という「ホールドの効かせ方」をしていますか?
Kuro3

| | Comments (0)

« February 2021 | Main | April 2021 »