« May 2021 | Main | July 2021 »

June 30, 2021

山の集いを8/25(水)より再開します。(事務局)

本日にようやく会場が取れて8月25日(水)に山の集い(机上講座)が開催できることになりました。8月はオリンピックで休みのインフォメーションをしていたので、開催することが伝わりにくいことが心配です。気が付いた方は回りの山仲間に知らせて下さい。ひさしぶりの山の集い、参加していただけたら、とてもとてもうれしいです。

8/25(水)18時30分~20時00分
場所=かつしかシンフォニーヒルズ別館2階会議室ローレル
*京成電鉄青砥駅北口より徒歩6分
京成押上線を使う場合
山の手線新橋乗換で青砥まで26分(品川35分)、総武線浅草橋乗換で青砥まで26分,地下鉄半蔵門線押上乗換で青砥まで6分
京成本線(都営地下鉄浅草線直結)を使う場合
山手線日暮里乗換で青砥まで14分、地下鉄千代田線町屋乗換で青砥まで11分

テーマ=岩稜線歩きのポイント 講師=松浦寿治(まつうらとしはる,登山教室Timtam&Cue代表,日本山岳ガイド協会認定山岳ガイド)→松浦文集

Simphoy

| | Comments (0)

June 21, 2021

谷川岳個人山行募集(M輪、I藤)


<個人山行募集/一般登山>
6月26日(土)日帰りの谷川岳
急な募集ですが、お天気が良ければ楽しい山行になると思います。
●ルート
西黒尾根〜谷川岳〜天神平〜ロープウェイ
●条件
日和田講習参加、ゆっくり歩く、松浦さんの許可、三輪、伊藤ひとの山行経験
●担当
M輪、I藤

…谷川個人山行に申し込む手続を開始します。

| | Comments (0)

June 18, 2021

山の写真帳の写真を拡大できるようにしました。(事務局)

「Timtamのホームページの山の写真帳の写真をクリックしても拡大出来ないじゃないですか!」
とのK田さんからの助言を受けて、拡大出来るようにしました。

といってもそんなに大きくなくてパソコン画面では横写真の横幅が560pxで縦写真のそれは420pxです。画素数を大きくすると重たくなるのでもともとを小さい写真にしています。なので、あまり大きくは出来ないのです。一応ですが、スマホ画面では横幅いっぱいに広がります。

20210618-222706_20210618223701
トップページで「山の写真帳」をクリック

20210618-221122_20210618223701
山の写真帳の写真をクリックしますと、

20210618-222949_20210618223701
大きな写真のページに行きます。下から2行目の新着写真oo枚をクリックすると3秒間隔でスライドが動き出します。実物はこちら

| | Comments (0)

June 10, 2021

モノ作りと登山(杉原六郎)

「行きたい山を思い」「企画して(計画書を書くこともある)」「装備を揃え交通機関や宿泊先を手配して」「実際に出掛けて行き」「山から帰って余韻を残す(片付けと次の山の準備含む)」といった行程が登山です。
それは「企画して」「設計図を書いて」「材料を集めて」「地道に作る」「作り終えて余韻を残す」といった行程のモノ作りに似ています。

以下は最近読んだモノ作りの本(渡波 郁 著 「CPUの創り方」マイナビ出版 高校生からが対象の電子工作技術書 滅多にないくらいわかりやすい)の一説(p279)です。「モノ作り」を「登山」と読み替えてみて、『ウウム・・・考えないとな!』と思っています。

「モノを作った経験があるヒト」が極端に減っているようなので、あえて当然のことを書きます。

問題を自力で解決すること自体がモノ作りですし、
「問題が起こらないようになっている」または「誰かがフォローしてくれる」のはモノ作り風のテーマパークでしかありません。

逆に自力で問題解決をするのがイヤな人はモノ作りするべきではないです。

これは、解決出来る自身がなければトライするなという意味ではありません。自力で解決しようと努力して、しかしながら結局は 完成しなかったとしても、それこそは貴重な経験だと思います。

Dscf0107
「滝の落ち口で懸垂下降下降をセットする」という問題を解決中の筆者・・・セット後、信頼出来るリーダーのチエックを受けてから使用すること(懸垂下降でロープのセット間違いによる事故は多い)。

Teranort_20210611064101
寺の沢の沢登りに行く前に地図上ででテント泊適地を探す課題が出た。

Teranosawa
沢登りコース上の①と②と③にテント泊適地を見つけた。

さて読者は実際にはどこにテントを張りますか?・・・杉原の答えはこちらをごらん下さい。
(注)シュミレーションなので実際にテント泊するわけではありません。
(注)杉原卓二 改め 杉原六郎

 

| | Comments (0)

June 07, 2021

黒岩、行ってきた/06/01講習会(M輪)

梅雨前の爽やかなクライミング日和、榛名山・黒岩に初めて行ってきました。メンバー4人。

21060312243622

練習岩(練習とも思えない)、岳友会ルート(こうゆうの、好き)、ピラミッドフェース(下部はピンないな)、西稜(IVとは思えない)、ヤンキー稜(直上ルート:写真、バンドからの直上部分は落っこちそうで、左に回りこみ、ちょっとした前傾壁をテンション交えて、なんとか。腕が疲れた。M岡さんみたいにまっすぐを落ちないで登りたいなあ。)、を登りました。お腹一杯になりました。

| | Comments (0)

マスキ嵐沢/0605講習会(M輪)

大雨の翌日、緑が一段と濃くなってきた今日この頃、9人でマスキ嵐沢に行ってきました。

水量が多くて腕やひざ等が濡れたところ(写真)もありましたが、最後の滝で懸垂下降の練習もして、下山の地図読みでは新人2名が先頭で無事登山道に降りれました。

マスキ嵐沢入渓点(10:16)写真の滝(11:30)ツメ後の尾根上(14:21)一軒屋避難小屋(15:12)ゲート前(16:29)

21060719571885 

| | Comments (0)

June 06, 2021

M井さんが2021全日本山岳写真展に入選(事務局)

Timtam会員のM井さんの写真(タイトル:龍雪)が2021全日本山岳写真展に入選されました。

入選作の中からさらに「山と渓谷社賞」に選ばれました。

国立新美術館2階展示室2Aに展示されます。

6/9~6/21 10時~18時(但し,6/9は11時~、6/21は~16時)
入場無料
地下鉄乃木坂駅6番出口(美術館直結)
マスク着用

Img20210606_08334863_20210606084601

 

| | Comments (0)

山で写真を撮る(かげろう)

上から

〇つるんです(緑)
未だに売られています 画像その場で見れない ランニングコスト発生

防水ハウジング&カメラ(白)
ハウジングにて完全防水 
重い レンズがいまいち

スタンダ-ドタイプ(紫)
光学8倍ズーム 
画像そこそこ 防水ではない

スマホ(赤)
カメラ充実してきてます 
画質はそれなり 防水 +地図+電話+ネット(多機能)

21060419501464

携帯時
首からさげるときはななめがけ 
ポシェットや専用ポケット利用 あまりブラブラさせないようにしています 足元見えるようにしないと 下りで怖い思いします 

| | Comments (0)

June 03, 2021

この秋、西上州の山へ(松浦)

西上州には、鎖やハシゴで整備されていない、ロープがあった方が良い、登山道なのか踏み跡なのかわかりにくい、と言った登山技術的に中級と言えるような山(コース)が多くあります。妙義山と荒船山は知っているでしょうからイメージ出来ると思います。鹿岳・毛無岩・嵩岩とか聞いたことがありますか?大津とかマムシ岳なんて山を知っていたらすごいです。

これまで、上記の「知っていたらすごい山」には、地図が読める人でないと行けなかったんです。でも、ここ数年で革命が起きました。スマートフォンに地図アプリを入れて、それが使いこなせるようになっている人なら(たぶん数回の練習でOK)、かなり簡単に、現在地が特定できて、先人の行ったマークを辿るのであれば進行方向を見つけることが出来るのです。
①目の前に立ちはだかる岩々したルートを通過することに集中専念出来ます(この先で迷う不安が少ない)。
②これまでは下山路として選ぶことがあまり無かった、尾根型がはっきりしない尾根を使って下山出来ます。
③だから、ロープが使える(ビレーヤーズグレード準Ⅳ級 程度)人なら、西上州の「知っていたらすごい山」にガンガン行けるのです

20210603-131827_20210603173401
写真左はジオグラフィカで千円弱で購入できます(無料でも使える)。写真右はヤマレコで、月に数百円ずっと払うことになる(定期的に払うのをサブスクリプションと言うらしい)んで少し高いです(無料でも使える)。松浦はジオグラフィカは有料の方、ヤマレコは無料(無料で3つの山域までダウンロードできる)の方をスマホに入れていますます。ジオグラフィカの方を見て下さい大津には登山道がないことがわかります。ジオグラフィカの現在地を示す赤い矢印は大きくて見やすいです。ジオグラフィカの方が動作が早いように感じました。ヤマレコの方を見て下さい。ヤマレコの名に恥じず、自分の歩いた跡が赤線で表示されます(ジオグラフィカにも同じ機能があります)。なので、戻れます(懸垂下降で降りた
後とか通過後に土砂崩れがあったとかで、必ず戻れるとは限らないけれど)。戻れるなら進めます(意図が伝わりますように!)。また他のヤマレコユーザーが歩いた跡が薄オレンジ色の点で表示されるので、それを追えば、先行者のルートをたどることが出来ます

大津に同行したS氏はヤマップを使っていました。ヤマップに他人が過去に歩いた軌跡を表示する機能があるかは確認出来ていません(ネットで調べたら無いみたいですが?)。ヤマップにも無料とサブスクリプション(値段はヤマレコと同じくらい)のバージョンがあります。

松浦の地図読み40年の経験を持ってしても(話せば長い)、地図アプリの現在地確認能力にはまったく歯が立ちません
(大きな地図で全体把握するのだったらまだ負けないけど)。


この秋から西上州の薮岩シリーズを始めることにしましたのでご期待下さい。

Yamakyu2
山急山(さんきゅうさん) 10月末計画予定

Ebosi
烏帽子岳北西稜 9月に計画→こちら ←リンクが飛ぶのはR4年3月まで

Mamusi
まむし岳(古いトラロープ有) 11月計画予定

Sirake
中央のトンガリが
天狗岩でその隣が三岩岳近くのシラケ山 10月計画予定

21060216555128
三岩岳近くの大津(山頂付近で懸垂下降) 10月計画予定

| | Comments (0)

« May 2021 | Main | July 2021 »