« 8/25(水)山の集いは参加申込が必要になりました。(事務局) | Main | 瑞牆山カンマンボロンコース(M月) »

August 12, 2021

登山教室の山(杉原六郎)

Timtam&Cueは登山教室の山に行きます。

ガイドと行く山 登山教室で行く山
登山中に出会う経験の素敵さ、登頂の喜びをなど、感動をお客様と共有出来ることはガイドのこのうえない喜びです。植物動物、山の成り立ち、歴史や文化、周辺の温泉などもお伝え出来たらと思います。 とにかくたくさん山に行けるようになっていただくために、登山技術を伝えます。リーダーかサブリーダーになって、行きたい山に行けるを目指します。
基本的にはどの企画でも参加していただけます。日本の山でしたら、高山病の心配が少ないので。ガイドが同行すれば行けない山はまずありません。 年間カリキュラムに従って、段階的に技術を学び、修得した技術に見合った教室に参加します。なので、参加出来ない教室もあります。
例えばロープの扱い、8の字結び1つだけ覚えていただければ充分です。パーソナルアンカーチェーンなどの用具の使用で結び間違いを防止します。 例えばロープの扱い、クローブヒッチ、ハーフマスト等、数種の結びを覚え、それを使った多様なロープワークを学んでいただきます。
多くて複雑な登山技術をガイドと行くのが前提の技術に精選してお伝えします。不足分はガイドが補います。 岩 ・沢・雪山・テント泊・地図読・気象・衛生・救助技術・仲間作りなど学ぶ技術の多すぎはいなめません。
お客様が先頭になっていただくことはないので、迷う心配をしなくて済みます。景色や同行の方との会話などを楽しみながら行動していただけます。 可能と思われる範囲でリーダーとして行動していただきます。ビバーク用具、共同装備を持っていただきます。自宅での復習練習が必要です。
危ない所は。ロープをフィックスしたり、ショートロープでガイドはお客様とつながって行動します。 ロープをフックスする側、ショートロープを引く側を目指し、技術を学びながら行動します。
お客様の希望に沿うような山を設定します。槍・穂・剣・立、ジャンダルム、北鎌尾根、マッターホルン、モンブラン等、素敵な山を提案し、ご案内します。ご希望の山があれば企画いたします。 同じ山に何度も行って、くりかえし技術を伝え習熟していただきます。日帰りか1泊の山で人の少ない山が教室です。ご希望の山を企画することは、ほぼ、ありません。

ガイドと行く山と登山教室で行く山は上記以外にも様々に違いますが、「山はいいな」に違いはありません。 

Keijibutu
登山教室では、山の集いへのなるべく参加が求められます。

Haru
掲示物が読めないので再掲します。

|

« 8/25(水)山の集いは参加申込が必要になりました。(事務局) | Main | 瑞牆山カンマンボロンコース(M月) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 8/25(水)山の集いは参加申込が必要になりました。(事務局) | Main | 瑞牆山カンマンボロンコース(M月) »