« January 2022 | Main | March 2022 »

February 25, 2022

北横須賀・鷹取山の岩場2/20(O野)

2/20鷹取山の岩場で岩登りトレーニングをして来ました。日当たりのよいエリアを選んだので暖かったです。

Dsc_1820
展望台エリアから鷹取山公園の東側を遠望

Dsc_1814
マジックマッシュルーム上部から鷹取山公園の西側を遠望

Dsc_1809
今回は懸垂下降を中心に練習しました。
ロープを投げない方法で「緩斜面流し懸垂」とか「緊急脱出懸垂」と呼ばれている方法です。ロープセットから懸垂下降終了までの時間が極めて早く、懸垂距離がロープ長の1/4まで(50mロープなら12.5mまで)ならば安全度も他の方法よりも高いです(12.5mを超えるとロープダウンがあるのでロープと一緒に石が落ちて来る可能性がある)。  

Dsc_1817_20220225074601
マジックマッシュルームの上からの40mの懸垂下降は鷹取山最長の懸垂下降コースです。

Dsc_1818
下持ちバックアップで安全を計ります。上からの落石が来ない場所に立って上からのロープを持ち、懸垂者に何かがある時はロープを引いて懸垂を停止させます。

Dsc_1823_20220225074801
夕方近くになって空いたので、電光クラックを登りました。

| | Comments (0)

上信・黒斑山(くろふやま)(O野)

2/22黒斑山に行って来ました。前日の夜から早朝まで今季最大の冬型の気圧配置でした。

Dsc_1828
登山口から尾根コースは前に2隊通過して踏まれていましたが、中コースにはトレースがありませんでした。

Dsc_1830
中コースを超えて、東尾根(ダイレクト尾根)を捉えようとしましたが、雪が深く薮が厳しくて時間がかかりそうなので断念しました。1時間ほど行った所で一右にトラバース、一般的でトレースがある尾根コースに戻って山頂を狙いました。履いているスノーシューはTSL225です(山岳用スノーシュー,踵を固定してキックステップが出来るので40度まで登れる)。一般の踵が上がるスノーシューやゴムのバンドのスノーシューでは日本の山の深雪の急斜面には適しません。ちなみに、踵付近についているクライミングサポートは役に立ちません。

Dsc_1838_20220225071701
浅間山外輪に出ると、ガスが濃くなって来ました。先に進むかみんなで話し合いました。

Dsc_1841_20220225071701
風はそれほど強くなく、視界もやや回復して来たので、山頂まで行きました。眺望はまったくありません。

Dsc_1839_20220225071801
行きはすり抜けたのですが、帰りはトーミの頭に寄りました。

Dsc_1851
先行パーティが下ったトレースを利用して中コースを下りました。数日前にレスキュー隊が入っているので、10mおきにピンクリボンの目印が設置されていて迷うことがありませんでした。

| | Comments (0)

February 03, 2022

3/6(日)蔵王・刈田岳 個人山行募集(仙台/池田)

<個人山行>
蔵王・刈田岳
樹氷を抜けてお釜までのスノーハイクです。天候と時間に余裕があればお釜を一周し熊野岳に抜けます。アプローチは途中までリフトを使います。Timtamの個人山行の主旨を理解していること。
期日
2022年3月6日(日)
集合
山形駅東口 9:00
集合方法
(例)東京発 6:12 つばさ121号 山形着 8:57
行動予定
山形駅からは車で移動。(乗り合わせ)
募集定員
3名程(Timtamの講習で仙台の池田と面識があり、松浦代表の許可を受けた方。)
必携用具
冬山用の防寒具等、サングラス、目出帽、行動食、テルモス、アイゼン、カンジキ等

…蔵王刈田岳に申し込む手続を開始します。


 

| | Comments (0)

February 02, 2022

松本分校カレンダー2月(松本分校 千島康稔)

2月分の卓上カレンダーを会員ページの「写真アップローダー」にアップしました。会員の方はご自由にダウンロードしてお使いください(会員以外への転送、SNS等での公開はご遠慮ください)

2月の写真は、Timtamのアイスクライミング講習でも使うことがある、八ヶ岳東山麓の湯川渓谷の氷柱群です。湧き水が氷って、高さ20〜30メートルの氷の壁になっています。
車を下りて20〜30分程の場所なので、お散歩がてら氷柱見学にくる人も多い場所です。
Tisima2

| | Comments (0)

« January 2022 | Main | March 2022 »