« 山小屋寝具のコロナ感染対策の提案(松本分校 千島康稔) | Main | 松本分校カレンダー7月(松本分校 千島康稔) »

June 27, 2022

マスキ嵐沢でロープワーク研修(K池)

お助けヒモで後続を上げる場合はテンションをかけ続けること
Otasuke

ロープの流れる方向を変える 中間者はこの支点は回収してはなならない(かけかえる)
Houkou

メインロープでセルフビレーを生きた腕より太い樹木を支点にして セット、ビレーポイントはフリクションヒッチで作る
Mein

声は聞こえない前提、〇と×のみで連絡を取り合う、〇×が見えない&ホイッスルも聞こえない(まったく連絡が取れない)場合についても打ち合わせしておくこと(事前の打ち合わせは重要)
Aizu

水流で溺れないのためにエイト環かハーフマストでビレー
①溺れそうになってもすぐにロワーダウンさせられる
②エイト環の方がハーフマストよりロープがキンクしない
③支点折り返しビレーはロープの操作性がイマイチだか使える
22060708060066
22060708064098

アッセンダー方式(フリクションヒッチ方式)について研修
①ダイニーマスリングは融点が140度と低いので、専用のプルージックコードを使うべき
水流の中を行くような所では溺れる可能性があるので使ってはならない
③ロープアップして、ハーフマストかエイト環の仮固定によってロープをフィックスし、後続が登れない場合のロワーダウンの準備をしておくのが基本だ
④複数人が同時に登攀出来るので時間が短縮出来る

Fik

タイブロックを持つ方がブルージックコードを持つよりベターだ
①セットの時間が短い
②動きが速い
③救助活動になるとタイブロックがあると非常に便利
Taib

滝を登る時の基本のロープワークはロープウェイピストン方式だ


|

« 山小屋寝具のコロナ感染対策の提案(松本分校 千島康稔) | Main | 松本分校カレンダー7月(松本分校 千島康稔) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 山小屋寝具のコロナ感染対策の提案(松本分校 千島康稔) | Main | 松本分校カレンダー7月(松本分校 千島康稔) »