« 懸垂下降バックアップについて(山田) | Main | 私の山の仲間が横浜で個展を開きます(緒方) »

August 25, 2023

確保支点(ビレーポイント)集(K澤)

Img_1965
岩のノブを支点に

Img_3845
クイックドロースリング
*支点の静加重強度は200Kg重程度
*クイックドローのそれは2500Kg重

Img_3846
アルパインクイックドロー
*支点の静加重強度は200Kg重程度
*アルパインクイックドローのそれは2500Kg重

Img_3850
伸ばしたアルパインクイックドロー
*支点の静加重強度は200Kg重程度
*アルパインクイックドローのそれは2500Kg重

Img_3852
2重で掛けたスリング
*支点の静加重強度は200Kg重程度
*スリングのそれは1000Kg重程度

Img_3851
ガースヒッチで掛けたスリング
*支点の静加重強度は200Kg重程度
*スリングのそれは700Kg重程度

支点強度が一桁小さいので、ガースヒッチの強度低下を考えてもあまり意味がない。

 倉澤さんに送っていただいた、確保支点集プラス、山行の折々に撮った確保支点集です。漸次追加してページごと更新して行きます(更新はTimtamホームページ下段の掲示板でお知らせします)。
写真をクリックすると拡大します。

Img_3618
労山と広瀬ガイドが協力して設置した日和田の支点(ラッペルステーション)、さらにSガイドが他の支点とワイヤーで連結して抜群の強度となった。丸いリングはロープを通す所なので、カラビナをかけるのはなるべく控えたい。

Img_3606_20231106075601
イマイチのトップロープの支点
クライミングロープが岩角で擦れているので、あと40センチほど伸ばして岩角の下に出したい。支点が2ヵ所なので3ヶ以上にしたい。

Img_3604
トップロープの支点、シングルピッチ岩場の終了点
クライミングロープが岩角で擦れないように設置する。
Img_361044 13_20231108184501
左:good 右:ロープが痛む

Photo_20231108185001
枯れ木をトップロープの支点にしていた(危)。

Img_4110
ラッペルステーションに保険をかける。

Img_4111
終了点を空けて改良型流動分散でトップロープセット

Img_4112
終了点を空けてクワッドアンカー原型でトップロープセット、原型はまだクワッドではなくてツインアンカー

Img_4189
ハンガーに鎖をかけた終了点、一般的な終了点での結びかえが出来ない。

Pa211186
カム(キャメロット0.5番)による滝登りの中間支点
カムを奥に入れすぎたので、回収出来なくなる可能性有(実際は回収出来た)。


P1020453
メインロープによるクローブヒッチ連結1
速攻で支点が作れますが、つるべ方式で登る時にしか使えません(万年セカンド方式では使えない)。支点3ヶ以上を推奨します。こちらを見て下さい。

Img_3474_20231230153501
メインロープによるクローブヒッチ連結2

B010_20230825141801
メインロープによるクローブヒッチ連結3
その場にあるハーケンは全て連結してしまうくらいが良いです。

P1020458
流動分散方式
力が均等に分散する。作りやすいので普及している。作り方はこちらを見て下さい。支点2ヶの流動分散でOKとする人が多いですが、支点が抜けた経験がある筆者は、支点3ヶ以上にすることを推奨します。こちらを見て下さい(再掲)。

Kikenn_20230825092301
間違えた流動分散方式
スリングをひねらずにカラビナをかけてしまった例(支点が一つ抜けると全部破壊する)です。

P1020462
流動分散から固定分散に移行
クローブヒッチやエイトノットで流動部分を結ぶ。

P1020464
メインロープによるクローブヒッチ連結をプラス
支点を3個以上にして、確実性を増す。

P1020465
支点3個で流動分散を作る(万年セカンド方式で使える)
作り方はこちらを見て下さい。

P1020469
フリクションヒッチを使って3点に均等に加重(3点分散)
フリクションヒッチの作り方はこちら(動画)を見て下さい。

P1020475
黄色ロープで流動分散を作り固定分散に移り、さらにフリクションヒッチを使って3点に均等に加重(3点分散)(万年セカンド方式で使える)
Kara
結び目にカラビナを挟むとほどきやすいですこちら(動画)を見て下さい。

Ryudouk
改良型流動分散(クワッドアンカーの原型)

Photo_20230825093601_20230829065401
クアッドアンカー(万年セカンド方式で使える)
作り方はこちら(動画)
*支点2ヶでOKにする方がいますが、支点3ヶ以上を推奨します→こちらを見て下さい。


Tateb102
全部60cmスリングで固定分散を作る(万年セカンド方式で使える)
上:ガースヒッチでつなぐ 中:カラビナに巻く 下:何もしない60cm
*クラシックルート(ハーケンで引かれた人気のマルチピッチ)に行くにはぜひ身につけていたい基本形

Image1_20230701153201
熊より大きい岩を支点にする(沢登りで多用される)
ガースヒッチについての考察をごらんください。→こちら

Kiki_20230825104801
腕より太い生きた樹木を支点にする1(沢登りで多用される)
ラウンドターンが基本、ガースヒッチを使う場合もある。→こちら 

Photo_20230825102001
腕より太い生きた樹木を支点にする2(沢登りで多用される)
ロープの片側を引いて回収出来るようにセット

Photo_20230630142701_20230825102001
腕より太い生きた樹木を支点にする3(沢登りで多用される)
岩登りの場合は岩場にある樹木は貴重なので「腕より太い生きた樹木を支点にする1」のようにスリングや捨て縄を施すことが推奨される。

Kannboku_20230706170001_20230825103601
灌木をフリクションヒッチを使って連結する(沢登りで多用される)。

Hasamu2
岩と岩の接触部分を利用する(沢登りで多用される)。
この写真は2段の滝登りの1段目上がった所の中間支点

Ken
懸垂下降の捨て縄
左:懸垂下降の支点の三角形にセット(ロープを回収しやすくするため)
右:危険!誤った使い方(左のハーケンが抜けたら全体に破壊する)
*ロープの回収時に摩擦熱でスリングが痛んでいる可能性があるので、1回しか使えない(残置は使えない)。

 Photo_20240225090602
日和田女岩左ルートの終了点(ステンレス製ではない) 

 


灌木を中間支点にする(短動画8秒)


火山岩の岩ノブを中間支点に(短動画17秒)

 

 


<参考1>
P1020500
カラビナバッチマン

P1020497
カラビナバッチマンからバッチマンに移行

P1020494
プルージック

<参考2>
右写真は多くの人が懸垂下降している某人気ルートの支点です。ハンガーはたぶん室内用のジュラルミンです。ボルトの設置方法は不明です。「中でクサビが開くタイプなのでしょうか?」もしかしたら「穴をあけて、ネジ込んだだけ」かも知れません(岩が柔らかい溶岩なので,ネジを切って進むタッピングネジでなくても,ネジ込めてしまう)。外岩に設置されている支点でそれがハンガーボルトなら30KNに近い強度があると考えてはなりません。ビレーポイントや懸垂ポイントを作る場合、ハンガーボルト2個でOKとするのでなくて、ハーケン・カム・自然の岩角・灌木などと連結してなんとか3個以上にすることを推奨します。

Img_3351_20230820041501 22052522455349
左写真:現在のボルト→マニュアルに従って設置(固い岩に,規定の径の穴をあけ,粉を噴き出して,規定の接着剤を入れ,ボルトをしめて中のクサビを開く)されていれば30KNの強度が
出る。ネジの締まり具合でクサビが開いているか確認出来る。ハンガーとボルトは同じ材質のステンレス。
右写真の左:中の状態が外観では確認できないボルト→たぶん中でクサビが開くタイプ。
右写真の右2個:
電蝕したボルト→ハンガーとボルトの材質が異なるので,両者の接合部で電流が発生,腐蝕してしまう(電蝕=錆び)。
*写真をクリックすると拡大します。

 

<参考3>
ハーケンが効いているかを確認するのに、ピンチェックという方法があります。ハーケンの頭をハンマーでたたいて音を確認し、「キンキン」という高い金属音なら効いていて、「ボコボコ」とか「ボスボス」いう感じの低音なら効きは疑問である、といったふうに耳で感じる方法です。→こちら(動画)

<参考4>
ハンガーボルトが効いているかを確認するにはレンチを持参して、ネジを試すように締めてみます。

<参考5>
ネット上でアプローチ,ルート図,山行記録が簡単に手に入るようになっています。表丹沢の沢数本、西丹沢の沢数本、日和田・つづら・三つ峠とトレーニングを行ってから本番ルートに行くなんて手順を踏まずに、シングルピッチ岩場ゲレンデに数回行ったら、いきなり本番ルートに行ってしまう例が頻繁です。ルート間違えが予想されます(誤りルートは支点が脆弱で落石が多い)。 ルートを間違えなかったとしても、雨・風・雪・流水・地震などにさらされ続ける、本番ルート(沢登り含む)の支点は抜けてあたりまえです。そこにある確保支点にさらにバックアップを加えることをいつも行うぐらいで良いと考えます。ロープワークの中心的な(半分以上を占める)要素が支点構築にあるのです。

Photo_20231207102701
幕岩悟空スラブの終了点、工業用のボルトを使用していて、3箇所で固定、電蝕している、ものすごく多くの人が使っている。カラビナは接着剤でゲートが開かないように糊付けされている。

Photo_20240326142901
一ノ倉南稜1ピッチ目(新しく1支点が追加されている)

Image13_20240326143101
一ノ倉6ルンゼ懸垂2回目用支点(静加重でそっと懸垂するしかないけど?)

Image14_20240326143301
一ノ倉6ルンゼ懸垂3回目用支点(これなら安全と考えがちだけど?)


Inago-1 Topo
稲子岳南壁のルート図
*ネット情報をもとに簡単に行ける。外岩の支点の強度についてわかってから出かけてほしい。

| |

« 懸垂下降バックアップについて(山田) | Main | 私の山の仲間が横浜で個展を開きます(緒方) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 懸垂下降バックアップについて(山田) | Main | 私の山の仲間が横浜で個展を開きます(緒方) »